ホームページ 大使館案内 中日関係 経済協力 科学技術協力 文化交流 領事業務 教育と留学生交流 中国紹介 メディア案内 中国出入国関連情報 日本見聞
「ギョーザ中毒事件」は人為的犯罪事件
2008/02/28

中国国務院新聞弁公室が28日開いた記者会見で、国家品質監督検査検疫総局(品質検査総局)の魏伝忠副局長、公安部刑事捜査局の余新民副局長は、日本の中国製冷凍餃子による中毒事件関連調査の進展状況を発表し、記者の質問に答えた。

国家品質検査総局の魏伝忠副局長は次のように述べた。

日本で発生した中国製冷凍餃子による「ギョーザ中毒事件」に対して、中国政府は高度に重視し、日本の消費者の健康に大きな関心を払い、中毒にかかった人たちの早期回復を望んでいる。同時に中国は迅速な全面調査を行った。調査の情況は次の通り。

国家品質検査総局は1月30日、在日本大使館の報告を受けた後、これを高度に重視し、直ちに一連の措置をとった。

(1)厚生省など日本の関係部門と連絡を取り、具体的な事件発生状況を尋ねた。

(2)直ちに調査グループを設置し、保存されていた、問題が発生したものと同じ生産日のギョーザのサンプルやその前後の生産日の製品、在庫品に対して抜き取り検査を行った。その結果、いずれにもメタミドホスは検出されなかった。

(3)天洋食品工場に生産や販売の停止を命じ、日本に輸出した製品や日本へ輸送中の製品に対してリコールを命じた。

(4)天洋食品工場の原材料の仕入れや生産加工、包装、貯蔵、輸送、輸出など、一連の製造過程に対して厳密な調査を行い、同企業の監視カメラや同企業の関連生産記録も調べた。

(5)国家質検総局と商務部の作業グループは2月3日、日本に赴き、中国側の調査の進展を知らせ、日本側の調査の展開に積極的に協力した。作業グループが日本から持ち帰った、生産期日が異なる10袋のギョーザのサンプルの検査と研究の結果、全てからメタミドホスと殺虫剤のパラチオンは検出されなかった。

(6)天洋食品は1995年に日本の農林水産省に登録され、2001年3月と2005年6月に、農林水産省の現場再調査を通過した。10年以上にわたって、同食品の日本向け輸出製品の質は安定している。

(7)国家質検総局と河北省政府は2月4日、日本政府が派遣した調査団が天洋食品工場で調査するために、受け入れと手配を行った。調査団の作業にはできる限りの資料を提供し、調査すべき場所と施設をできる限り手配した。調査団は企業に対して全面的な調査を行なった後、作業場は清潔で、管理も整備されており、異常は一切見つからなかったと話した。

(8)2月12日、関係者とともに私は再び河北省に赴き、天洋食品工場の各製造過程の真剣な調査を行なった。私たちの感じでは、日本政府調査団の見方と完全に一致しており、この企業は規範的に管理しており、関連資料もそろっており、各製造過程では何も異常がない。

調査の結果から見ると、第一に、この企業の関連製品、当作業グループが日本から持ち帰ってきたサンプル品を含めて、いずれもをメタミドホスは検出されなかった。第二に、この企業は規範的に管理されており、生産や加工の各過程では異常がない。今回、日本で生じた「餃子中毒事件」は、農薬残留の問題で起こった食品安全事件ではなく、人為的な犯罪行為による個別事件である。

魏伝忠副局長は、食品の安全は世界各国が直面する共通の課題であり、中日双方が迅速に食品安全に関した長期にわたる協力メカニズムを作り、両国間の食品の安全協力を強化して、両国経済貿易の健全な発展を促進することを希望していると強調した。

「チャイナネット」2008年2月28日

 

推荐给朋友
  印刷 全文印刷