ホームページ 大使館案内 中日関係 経済協力 科学技術協力 文化交流 領事業務 教育と留学生交流 中国紹介 メディア案内 中国出入国関連情報 日本見聞
中国駐日大使館報道官が食中毒事件で談話
2008/02/01

 

 まず食中毒になられた日本の消費者にお見舞いを申し上げる。

 1月30日午後、メタミドホスに汚染された可能性のある中国製冷凍ギョーザによるものと疑われる食中毒について日本側が通報したあと、中国政府はこれを非常に重視した。そして国家品質監督検査検疫総局が直ちに関係企業の生産と輸出を中止させるとともに、すみやかに調査チームを関係企業に派遣して調査を行った。

 中国側の初歩的調査と検査によると、言われている製品はそれぞれ2007年10月1日に製造された13㌘規格と10月20日に製造された14㌘規格の豚肉・白菜入りギョーザである。この2ロット製品は輸出前にショウガ、白菜などの原料についてメタミドホスなどの残留農薬検査が行われ、いずれも合格していた。また1月31日朝、中国側は保存されているギョーザのサンプルと現在使用している原材料を検査したが、メタミドホスは検出されなかった。関係企業の生産加工記録はそろっている。

 中国国家品質監督検査検疫総局は関係企業に対し、直ちに日本の輸入業者と連絡をとり、同社の日本にある製品と現在輸送中の製品を自主的に撤去し、また即時回収するよう命じた。さらに中国の公安機関と協議して調査を要請した。中国国家品質監督検査検疫総局は2月2日専門家を日本に派遣し、共同で問題を解明することについて日本側と協議する。同時に、中国側は日本側が製品名、ブランド、ロット番号、製造年月日、賞味期限および製品の包装袋と中毒患者の嘔吐物から検出されたメタミドホスの量など、より詳細な情報を提供するよう希望している。中国側は現在日本側の返事を待っている。

 中国政府は食品の安全性を非常に重視するとともに、法に基づいて関係企業の厳格な監理を実施している。われわれは日本の消費者が、事件が解明されるまでは客観的で冷静な態度をとるよう希望する。同時に、中日両国政府関係官庁の協力により、早急に真相が解明されることを期待し、またそうなるものと信じている。

 

 

推荐给朋友
  印刷 全文印刷