ホームページ 大使館案内 中日関係 経済協力 科学技術協力 文化交流 領事業務 教育と留学生交流 中国紹介 メディア案内 中国出入国関連情報 日本見聞
中国政府は食品などの製品の品質と安全を極めて重視
2007/08/02

 

 中国政府はかねてより対日輸出製品、とりわけ輸出食品の品質と安全を非常に重視してきた。中国政府は輸出食品の品質と安全を確保するため、元となる栽培・養殖から製品の輸出にいたるまでの全過程を規制する一連の体系を確立して、輸出食品の安全を効果的に保障してきた。2004年以降、中国の輸出商品の合格率は99%以上で、2006年の輸出食品全体の合格率は99・86%に達した。2004年から2007年上期までの中国の対日輸出食品の合格率は、それぞれ99・8%、99・9%、99・8%、99・8%となっている。日本の厚生労働省が最近発表した2006年度輸入食品モニタリング検査報告によれば、中国食品の合格率は99・42%に達し、平均合格率を上回っただけでなく、米国、EC、韓国をも上回っている。

 最近、中国の輸出食品などに品質・安全問題が生じたことに対し、中国政府は客観的かつ誠実な態度で真剣に対処するとともに、監督・管理体制強化のため強力な措置を講じ、製品の品質向上に努めてきた。

 7月26日、中国の温家宝首相が国務院令に署名して公布した「食品などの製品の安全監督・管理に関する国務院の特別規定」は、生産・経営者は、みずからが生産・販売する製品の安全に責任を負う必要があり、法が定める要求を満たしていない製品の生産・販売を行なってはならない、と規定している。また、生産者が製品生産に使用する原料、補助材料、添加剤、農薬・肥料は、法律・行政法規の規定や国が定める規格に沿ったものでなければならない、としている。さらに、販売者は入荷検査・確認検査制度を確立して、出荷業者の経営資格を審査して、製品の合格証明と標識を確認しなければならない、としている。

 7月27日、中国の呉儀・副首相は全国品質工作会議を招集した。席上、温家宝首相が講演し、当面および今後一時期の活動に的を絞った以下の6項目の要求を提起した。

 (一)品質監督・管理体制の全面的強化。生産許可、認証規制、登記・登録などの方法を通じて、市場への参入を厳しく規制し、とりわけ人間の健康や安全にかかわる製品については、生産許可条件と市場への参入のハードルを高くする。食品の安全を厳しく監督・管理するネットワークを確立して、栽培・養殖、生産・加工、包装、保管・運搬、販売などの各工程における監督・管理体制を強化し、その規範化・制度化をめざす。薬品の開発・生産・流通・使用などの重要工程の管理をしっかり行い、薬品の審査・認可を厳しくして、薬品利用者の安全をしっかり確保する。輸出入での監督・管理を強化し、人間の健康や生命の安全を脅かす可能性のある製品については、その品質遡及制度やリコール制度を取り入れ、問題となる製品の輸出入を厳しく防止する。

 (二)製品の品質規格体系を早急に確立する。国外の最新規格をいち早く取り入れて、国家規格を早急に整備し、主な指標が国際規格に沿ったものになるようにする。当面はまず食品の衛生、品質、安全に力を入れ、食品の検査・測定技術規格の制定・改定に力を入れ、科学的で統一された権威ある食品安全規格体系を形成して、生産地から食卓までの全過程の管理を規格化・規範化する。

 (三)製品の質を根本的に向上させる。企業が生産に使用する原料、補助材料、添加剤、農薬・肥料は、法律・法規と国が定めた規格を満たすものとし、製品の企画からアフターサービスにいたるすべての過程で品質管理体系を確立し、品質管理を全面的に強化する。世界的な有名ブランドの育成に努め、「中国製」が優良製品の代名詞になるようにする。

 (四)品質関連法の整備。品質に関連する法律・法規体系の整備を促進し、「食品衛生法」、「計量法」、「国境衛生検疫法」の改正を検討する。最も重要なのは法の拘束力を強化することであり、法を厳格に執行し、法に反する各種品質違反行為を取り締まり、法を厳密に適用し、違法行為は徹底的に究明する。

 (五)特定案件の解決に集中的に力を入れる。当面は全国的範囲で食品を重点とする品質特定案件解決活動を展開し、農村から都市への移行部などの重点地域で、食品を生産・加工する町工場などの重点施設、食品や健康の安全にかかわる重点製品関連案件の解決に力を入れる。

 (六)マスコミ・情報活動を強化する。統一され、科学的で権威があり、効率の高い品質・食品安全情報公開制度を確立する。監督・管理部門は問題の捜査・処分、業務改善などの情報や製品の品質と食品の安全に関する情報を主動的に公表する。

 製品の品質と食品の安全を向上させることは、国際社会が直面する共通の任務である。中国政府は製品の品質と食品の安全を非常に重視しており、これに責任を負っている。貿易大国として、中国政府は各国との交流・協力を強化することを願っている。国家間に存在する製品の品質と食品の安全問題に対する見解の相違に関して、中国政府は科学を尊重し、国際規則に照らし、対話・交渉・調査を通じて、事実に即した方法で解決すべきだと主張している。中国政府は今後も不屈の努力を続けるものである。中国政府は問題を回避しないが、事実を無視し、一面だけを見て全体を評価するやりかたには賛成しないし、貿易面での保護や差別にも反対する。中国政府は各国が平等互恵、誠意ある対応を堅持し、話し合いと連携を強化するなら、製品の品質と食品の安全を一段と向上させることが可能だと確信している。

 

 

推荐给朋友
  印刷 全文印刷