ホームページ 大使館案内 中日関係 経済協力 科学技術協力 文化交流 領事業務 教育と留学生交流 中国紹介 メディア案内 中国出入国関連情報 日本見聞
大使コラム
  大使館案内
  中日関係
 重要文書
 重要スピーチ
  経済協力
  文化交流
  領事業務
 領事部総合案内
 旅券・査証業務
 公証・認証業務
 各種申請表ダウンロード印刷
 よくある質問集
 Eメール
  教育と留学生交流
  メディア案内
 大使館報道官談話
 中国取材
  日本見聞
  お知らせ
 
大使館領事部端午節休館のお知らせ(2017-04-29)
領事部春節休館のお知らせ(2016-12-15)
領事部元旦休館のお知らせ(2016-11-30)
  ご意見とご感想
  トップページ > トピツクス > 中国食品安全
乳児の乳房早期発育と粉ミルクは関係なし中国衛生部説明(2010-08-17)
胡錦涛共産党総書記,馬英九氏の国民党主席選出に祝電(2009-07-29)
神奈川県で相模湖・ダム建設犠牲者の追悼会(2009-07-29)
中国,食品安全法実施条例を公布 20日から実施(2009-07-28)
対日輸出食品の品質・安全性研修 商務部と質検総局が共同で実施(2008-03-28)
北京五輪期間中の食品安全保証 李長江質検総局長指摘(2008-03-14)
中日間で食品安全長期協力の仕組み必要 李長江質検総局長が記者会見(2008-03-14)
中国公安、日本の毒物専門家を招待へ ギョーザ事件で(2008-03-10)
崔天凱・駐日大使「中日食品安全協力体制の早期構築を」(2008-03-07)
日本のギョーザ中毒事件に関する中国国務院新聞弁公室の記者会見実録(2008-02-28)
「ギョーザ中毒事件」は人為的犯罪事件(2008-02-28)
中国公安部が日本に作業チーム派遣へ ギョーザ中毒事件(2008-02-22)
「問題ギョーザ」は店舗内の殺虫剤が原因 徳島県が認める(2008-02-16)
内外記者100人が天洋食品を視察 ギョーザ中毒事件(2008-02-16)
ギョーザ事件に関する共同報道は憶測 中国側指摘(2008-02-14)
「ギョーザ製造工場に異常見つからず」日本側調査団(2008-02-06)
天洋食品工場に「いかなる異常もない」 国家質検総局発表(2008-02-06)
東京で中日冷凍ギョーザ中毒問題協議(2008-02-03)
天洋食品の原料と製造過程に問題ない 河北検査検疫局が指摘(2008-02-03)
以前から食品など輸出品の品質重視 中国商務部、ギョーザ食中毒で指摘(2008-02-03)
中国駐日大使館報道官が食中毒事件で談話(2008-02-01)
 中国国家品質監督検査検疫総局、日本での中国製冷凍餃子中毒事件について談話(2008-01-31)
北京五輪期間中の農産物供給・安全を保証(2008-01-09)
「北京宣言」を採択 国際食品安全高級フォーラム(2007-11-29)
中国産ウナギの対日輸出再開(2007-11-29)
野菜の残留農薬検査合格率94%以上に 孫政才農業部長強調(2007-10-27)
日本米第2陣 中国がまもなく輸入(2007-10-18)
中国の食品安全問題について(2007-09-10)
白書:中国の食品の品質と安全性
中国産ウナギの安全性に問題なし 日本鰻輸入組合理事長が言明(2007-08-22)
中国、食品の安全に関する白書を発表(2007-08-18)
食品の安全対策を一段と強化 新華社総合報道(2007-08-07)
食品などの生産物の安全監視管理強化に関する国務院の特別規定
中国政府は食品などの製品の品質と安全を極めて重視(2007-08-02)
温家宝首相、全国品質工作会議で6項目の要求提起(2007-07-28)
中国の食品安全状況、絶えず改善 李長江国家品質監督検査検疫総局長(2007-07-28)
トピツクス
「一帯一路」国際協力サミットフォーラム
2017年両会
中国共産党第18期中央委員会第6回全体会議
  一覧...
リンク
  駐日本国総領事館
  中央省庁
  マスメディア
  その他
大使コラム
  大使館案内
  中日関係
 重要文書
 重要スピーチ
  経済協力
  文化交流
  領事業務
 領事部総合案内
 旅券・査証業務
 公証・認証業務
 各種申請表ダウンロード印刷
 よくある質問集
 Eメール
  教育と留学生交流
  メディア案内
 大使館報道官談話
 中国取材
  日本見聞
  お知らせ
 
大使館領事部端午節休館のお知らせ(2017-04-29)
領事部春節休館のお知らせ(2016-12-15)
領事部元旦休館のお知らせ(2016-11-30)
  ご意見とご感想
  トップページ > トピツクス > 中国食品安全
乳児の乳房早期発育と粉ミルクは関係なし中国衛生部説明
2010/08/17

 

    中国衛生部は15日、「聖元社の粉ミルクが乳児の性的早熟を招いたと疑われる問題」の調査結果を発表し、乳児の乳房の早期発育は飲んだ粉ミルクと関係がないと指摘するとともに、市場で抜き取り検査した聖元社の粉ミルクと他の粉ミルクのホルモン含有量に異常はなかったと発表した。

    先ごろメディアが、湖北省の3人の乳幼女児の乳房の発育が目立ち、いずれも聖元社の粉ミルクを飲んでいたため、保護者が粉ミルクの中に女性ホルモンが過剰に含まれていて「性的早熟」を招いたのではないかと疑っていると報じた。

    2008年に腎臓に障害をもたらす可能性のあるメラミン入りの粉ミルクが出回った「三鹿粉ミルク事件」が起き、中国の消費者は粉ミルクの問題に特に関心を持っている。湖北に続き、河南、広東、湖南などでも同様の例が報道された。

    中国政府はこの問題を重くみ、今回、国務院食品安全委員会弁公室の直接の組織・調整の下、衛生部が関係省庁および湖北省と共に調査に乗り出し、粉ミルクのホルモン含有量を検査し、同時に乳児を診察した。

    衛生部は北京市疾病予防抑制センター、中国検査検疫科学院などの検査機関に委託し、粉ミルクの女性ホルモンと黄体ホルモンの含有量を平行して検査した。

    その結果、抜き取り検査した聖元社の42点の粉ミルクからジエチルスチルベステロールや酢酸メゲストロールなど使用が禁止されている外因性の性ホルモンは検出されず、内因性の女性ホルモンと黄体ホルモンの検出値も国内外の文献などで許容されている範囲内だった。

    衛生部の鄧海華報道官は「検査したサンプルは湖北省の乳児が飲んでいた粉ミルクの残りと湖北省武漢や北京の市場で販売されていた聖元社の粉ミルク優博、優聡である」と述べ、同時に国内外の14社の製品20種、31点のサンプルを検査したが、「いずれもホルモンの含有量に異常はなかった」と強調した。

    鄧報道官は専門家の説明を引用し、次のように述べた。牛乳の中には天然の内因性性ホルモンが微量含まれているが、それらが人体の健康を害することはない。国内外で牛乳の内因性性ホルモンの限度量について基準を定めているところはなく、一般的状況では通常、検査を行わない。

    しかし、特殊な状況では関係機関が動物性食品に含まれるホルモンの検査を行う。例えば北京五輪では選手のドーピング問題で食品の過剰ホルモンの検査を行った。今回の粉ミルクの検査を担当した機関は北京五輪で食品検査を行ったところ。

    中国獣医薬品監察所の王樹槐研究員によると、中国の粉ミルク中のホルモンの検査方法と基準はすでに定められており、関係機関の審査・認可を経て、早ければ数カ月内に発表されるという。

    また小児科、栄養、食品安全、検査などの複数の専門家からなる衛生部のチームが湖北の3人の乳児を診察し、ホルモンのレベルや骨年齢などを検査した。そして発育が著しく速いことはなく、「単純性乳房早期発育」と判断されるだけで、臨床でよく見られる症例であるとされた。

    今回の症例研究に参加した北京協和病院内分泌垂体性腺学研究グループの長を務める伍学エン(火三つ)教授は、報道された湖北の3人の乳児はいずれも正常な性徴の範囲にあり、骨年齢が通常より進んでいることもないし、成長の速度が通常より早いとはいえないと述べた。

    中国の権威ある小児科の専門家、楊艶玲氏は以前のインタビューで次のように説明している。子供の性的早熟には真性と仮性がある。「単純性乳房早期発育」は真性ではなく、一種の不完全な性的早熟現象である。単純な乳腺肥大は乳児の生活の変化と発育過程で自然に緩和する。

    世界保健機関(WHO)の統計によると、乳児の「単純性乳房早期発育」の発病率は0・2%である。

    また鄧報道官は次のように強調した。専門家チームは他の5省の六つの小児専門病院の最近5年間の子供の性的早熟についての診察資料と症例について検討し、近年の臨床診療で子供の早熟例が異常に増える傾向は見られず、母乳だけで育った子と粉ミルクの子の仮性の性的早熟の比率もほぼ同じだったとの見方を示している。

                                                                                                                                                         (北京8月15日発新華社)