ホームページ 大使館案内 中日関係 経済協力 科学技術協力 文化交流 領事業務 教育と留学生交流 中国紹介 メディア案内 中国出入国関連情報 日本見聞
李洪志、住宅購入に関する大規模な脱税

  中国吉林省公安税務部門の綿密な調査によると、李洪志は1995年建売住宅を購入、個人物件所有権登録の際、偽の住宅購入契約を使って、国家に納めるべき不動産登録税を1万668元脱税したことが判明した。「中華人民共和国税収徴収管理規則」および「中華人民共和国不動産登録税条例」の関連条例に関して、李洪志は不動産登録税をごまかすため、自ら住宅購入協議書を偽造した。その行為は脱税行為に当たり、「中華人民共和国刑事法」の規定に基づいて、彼は脱税による刑事責任を追及されるべきである。

  李洪志にとって、脱税は日常茶飯事の行為である。7月29日の長春市地方税務局調査支局の調査によると、李洪志は1992年から1994年までの「法輪功」伝授の経営期間に、8,655元を脱税したことがすでに判明している

推荐给朋友
  印刷 全文印刷