ホームページ 大使館案内 中日関係 経済協力 科学技術協力 文化交流 領事業務 教育と留学生交流 中国紹介 メディア案内 中国出入国関連情報 日本見聞
中国社会科学院の学者、「法輪功」のカルト教団の性格を分析

  中国社会科学院世界宗教研究所の呉雲貴教授は「法輪功」について次のように分析している。

  カルト教団は中国においても、世界においても、偶然かつ単独の現象ではない。李洪志により捏造された「法輪大法」や「法輪功」を、アメリカ、ヨーロッパ、日本のオウム真理教などの異端組織と比較すれば、いずれも互いに似通っているところが多く、ともに似たような性格を持つカルト教団であるということに気付く。

  カルト教団にはいずれも、口が達者で、大胆で無謀なことを実行し、神懸り的な行ないが可能であると自ら吹聴する教主が存在する。カルト教団は「世界終末論」を広め、聞く人を驚かせる「世界終末論」を教義の主旨とし、これにより信徒を脅している。非合法組織を秘密に設立することは、すべてのカルト教団の共通した特徴である。アメリカやヨーロッパにある一部の邪教の内部組織系統は長い間、外界に認知されなかった。李洪志の「法輪功」は表面的には、普通の組織であるが、実に綿密な各レベルの組織ネットワークが形成されている。世界におけるすべての邪教は、ともに強い功利主義を目指しており、伝教、布教の名目で、詐欺を行ない不法に集金することを目的としている。李洪志は「法輪功」により、財産を築いた。これは彼が広めた「真、善、忍」という「究極の思想」と大きなコントラストを形成している。

推荐给朋友
  印刷 全文印刷