ホームページ 大使館案内 中日関係 経済協力 科学技術協力 文化交流 領事業務 教育と留学生交流 中国紹介 メディア案内 中国出入国関連情報 日本見聞
大使コラム
  大使館案内
  中日関係
 重要文書
 重要スピーチ
  経済協力
  文化交流
  領事業務
 領事部総合案内
 旅券・査証業務
 公証・認証業務
 各種申請表ダウンロード印刷
 よくある質問集
 Eメール
  教育と留学生交流
  メディア案内
 大使館報道官談話
 中国取材
  日本見聞
  お知らせ
 
大使館領事部端午節休館のお知らせ(2017-04-29)
領事部春節休館のお知らせ(2016-12-15)
領事部元旦休館のお知らせ(2016-11-30)
  ご意見とご感想
  トップページ > トピツクス > 邪教「法輪功」の危害
李洪志に厳罰を与えるよう求める「法輪功」被害者の母親
法輪功による死者1660人に
「法輪功」の統制のとれた組織体系が明らかに
天安門広場での法輪功メンバーの焼身自殺について
「法輪功」の修練が死を招いた実例
「法輪大法」に関するする中華人民共和国公安部通告
中華人民共和国民政部、「法輪大法」研究会を取り締まる決定を発表
法輪功メンバーの天安門広場での集会は違法行為
天安門焼身自殺事件、法輪功容疑者に判決
北京市高級人民法院、「法輪功」メンバーの上訴を棄却
法輪功メンバー15人がシンガポールで逮捕
「法輪功」メンバー37人に有期懲役の一審判決
シンガポールの裁判所が「法輪功」メンバー15人に有罪判決
李洪志、住宅購入に関する大規模な脱税
銀行強盗よりもひどい李洪志
中華人民共和国公安部、李洪志に指名手配状
中国公安部スポークスマン、李洪志に対する指名手配についてインタビューを受ける
法輪功メンバー、再び焼身自殺
「法輪功」の信者、実の父母を殺害
「法輪功」中堅幹部4人、法的制裁を受ける
「邪教に反対」150万人の署名がジュネーブで展示
長春市で李洪志の高級秘密住宅が発覚
人類の汚点―法輪功の首謀者・李洪志
中国社会科学院の学者、「法輪功」のカルト教団の性格を分析
中国の遺伝学者「法輪大法」を批判
李洪志の33ヵ条の邪説
「法輪大法」とよこしまな邪説
被害者家族―陸興沖氏の告訴状
「法輪功」とは何か
ある自殺した「法輪功」修練者の家族による訴え
トピツクス
「一帯一路」国際協力サミットフォーラム
2017年両会
中国共産党第18期中央委員会第6回全体会議
  一覧...
リンク
  駐日本国総領事館
  中央省庁
  マスメディア
  その他
大使コラム
  大使館案内
  中日関係
 重要文書
 重要スピーチ
  経済協力
  文化交流
  領事業務
 領事部総合案内
 旅券・査証業務
 公証・認証業務
 各種申請表ダウンロード印刷
 よくある質問集
 Eメール
  教育と留学生交流
  メディア案内
 大使館報道官談話
 中国取材
  日本見聞
  お知らせ
 
大使館領事部端午節休館のお知らせ(2017-04-29)
領事部春節休館のお知らせ(2016-12-15)
領事部元旦休館のお知らせ(2016-11-30)
  ご意見とご感想
  トップページ > トピツクス > 邪教「法輪功」の危害
李洪志に厳罰を与えるよう求める「法輪功」被害者の母親

  山西省の楡次市に住んでいる閻愛さんという婦人はこのほど?彼女の息子王志国が?法輪功?を修練したため?気が狂い、家出してしまい、今になっても行方が分からないということを一部始終涙ながらに訴え、李洪志のような、人に害を及ぼした悪魔に対し、政府は必ず法によって厳罰を与えなければならないと憤りをこめて語った。

  王志国は閻愛さんの次男坊であり、2001年の頃はまだ23歳で、1997年に山西省紡織工業学校美術科を卒業した。頭の回転が速く?勉強が好きで、責任感があり、卒業後、河北省邢台市のある書画公司に勤めることになった。彼は人生においてりっぱに事業を営むつもりであったが、他の人に誘われて?法輪功?を修練し出し、しかもすぐ魔がさして、毎日ぼんやりして仕事をしなくなった。

  2001年旧正月の四日、父母が彼にまる一夜かけて忠告したが、彼は相変わらず惑わされて悟ろうとせず、「李大師(李洪志)が私を導いて宇宙を修理させており、あなたがたは私の法の邪魔をしないでほしい」という言葉を繰り返した。息子がこれほど傷付けられているのを見て、閻愛さんは「李洪志はまったくばかものだ」と憤りをこめて罵るとともに、?法輪功?関係の書籍と録音テープを全部焼き捨てた。

  王志国は深すぎるほど害を受けたため?「僕は五階から飛び降りても大丈夫?李大師の守りがあるからだ」とよく言っていた。息子に意外なことが起こってはと思って?閻愛さん一家はやむなく平屋に移り住むとともに?息子を連れて病院で治療を受けさせた。しかし?王志国は自分が?法輪?に守られていると言いつづけ、すべての治療を拒否した。

  2001年7月9日、完全に精神異常となった王志国は家出してしまい、今日まで音信もなく、閻愛さん夫婦を悲しませている。閻愛さん夫婦は、「李洪志は私たちの息子を傷つけ、私たちに息子を失う苦しみを嘗めさせているのだ。こうしたペテン師に対し、政府は必ず厳罰を与えなければならない!」と憤りをこめて語った。