ホームページ 大使館案内 中日関係 経済協力 科学技術協力 文化交流 領事業務 教育と留学生交流 中国紹介 メディア案内 中国出入国関連情報 日本見聞
オバマ大統領とダライ・ラマとの会見に強い憤り 秦剛中国外交部報道官
2014/02/21

   中国外交部の秦剛・報道官は21日、米国のオバマ大統領がホワイトハウスでダライ・ラマと非公式に会見したことについて記者からコメントを求められ、次のように述べた。

   ▽一時期から中国はダライの訪米問題について米国に何度も重大な関心を表明した。きょう、オバマ大統領がダライと会見した後、中国の張業遂外交副部長は急きょ米国の中国駐在臨時代理大使を呼び、この誤った行為に対し厳重な申し入れを行った。

   ▽チベットは中国の神聖な領土の不可分の一部である。チベットのことは完全に中国の内政で、いかなる国にも干渉する権利はない。ダライは長年、宗教を隠れ蓑に祖国の分裂を図る反中国の活動を行っている政治亡命者である。米国がダライの訪問を認め、指導者との会見をセットしたことは中国の内政に対する重大な干渉であり、チベットが中国の一部であることを認め、「チベット独立」を支持しないという米国政府の約束に重大に違反し、中米関係を重大に損なうもので、中国は強い憤りと断固とした反対を表明する。

   ▽われわれは米国が中国の関心に真剣に向き合い、「チベット」独立を図り祖国の分裂を企む反中国勢力を容認し、支持するのをやめ、中国の内政に対する干渉をやめ、直ちに措置をとり、悪しき影響を排除し、中米関係が一段と損なわれるのを避けるよう促す。

推荐给朋友
  印刷 全文印刷