ホームページ 大使館案内 中日関係 経済協力 科学技術協力 文化交流 領事業務 教育と留学生交流 中国紹介 メディア案内 中国出入国関連情報 日本見聞
オバマ大統領のダライ・ラマとの会見に厳重申し入れ 中国外交部報道官
2014/02/21

   中国外交部の華春瑩報道官は21日、質問に答える形で、米国のオバマ大統領がホワイトハウスでダライ・ラマと非公式に会見するとしていることについて米側に厳重な申し入れを行ったことを明らかにし、次のように述べた。

   ▽われわれは重大な関心を表明し、米側に厳重な申し入れを行った。指摘しなければならない点は、チベットのことは完全に中国の内政であり、いかなる外国も干渉する権利はないということである。ダライは長年、宗教を隠れ蓑に祖国の分裂をはかる反中国の活動を続けている政治亡命者である。米国が指導者のダライとの会見をセットしたことは中国の内政に対する乱暴な干渉であり、国際関係の規範に重大に違反するものであり、中米関係をひどく損なうものである。中国はこれに断固反対する。

   ▽われわれは米側が中国側の関心に真剣に対応し、米国の指導者がダライと会見する計画を直ちに取りやめ、ダライが米国で祖国の分裂をはかる反中国の活動を行うのに便宜と発言する場を提供しないよう促す。

推荐给朋友
  印刷 全文印刷