ホームページ 大使館案内 中日関係 経済協力 科学技術協力 文化交流 領事業務 教育と留学生交流 中国紹介 メディア案内 中国出入国関連情報 日本見聞
習近平副主席 日本の主要政党責任者と会見

    習近平国家副主席は15日午後、東京で日本の亀井静香国民新党代表、谷垣禎一自民党総裁、山口那津男公明党代表、志位和夫共産党委員長とそれぞれ会見し、二国間および国際的、地域的な幅広い話題について率直で、突っ込んだ、友好的な話し合いを行った。

    習副主席は次のように強調した。現在、中日関係はこれまでにない好調な発展をみせている。両国の指導者が緊密な交流を続け、政治的相互信頼が強まっている。両国の経済貿易協力が深まり、両国と両国人民に実益がもたらされている。両国間の人文(人と文化)交流がこれまでになく盛んで、両国人民の友好的感情が深まっている。両国の政府、議会、政党、民間団体など、さまざまなチャンネルの意思疎通と協調が頻繁で、円滑で、活発である。

    習副主席は次のように述べた。今回の日本訪問の主要な目的は、胡錦涛主席、温家宝首相と鳩山首相の重要な共通認識(コンセンサス)を踏まえ、中日関係を一層発展させることである。中日関係は双方にとって最も重要な二国間関係の一つで、アジアと世界の平和、安定、繁栄を促す重要な積極的要素である。長期安定・善隣友好の中日関係の発展は両国と両国人民の根本的利益に合致するだけでなく、地域と世界の平和・安定の維持と促進にも有益である。

    習副主席は次のように指摘した。中国は鄧小平理論、「三つの代表」の重要思想、科学的発展観の指導の下、対内的には社会主義の調和した社会の構築に力を尽くし、対外的には平和が永続し共に繁栄する調和した世界、調和したアジアの構築促進に力を尽くしている。隣国との関係を処理するうえで、中国は隣国に善意で対し、隣国をパートナーとする周辺外交の方針を堅持している。日本の新政権は東アジア共同体の構築を積極的に提唱しており、中日双方は対話と意思疎通を強め、アジアにおける協力過程で同じ方向へ前進し、勢いに乗って行動し、建設的役割を一層果たすべきである。

    習副主席は、日本の各政党は中日関係の発展のために積極的に努力し、貢献していると高く評価し、政党の交流は両国関係の重要な構成部分であると強調するとともに、政党間の交流の仕組みを引き続き充実させ、整備し、中日の戦略的互恵関係の新たな局面を共同で開拓することを希望すると表明した。

    各政党の責任者は一致して、習副主席の日本公式訪問を歓迎し、この訪問の意義は大きく、非常に重要だとするとともに、それぞれの強みを発揮し、努力を続けて、中日の戦略的互恵関係の新局面を開くために貢献したいと表明した。

    亀井静香代表は、国民新党としては日中関係の発展促進に積極的役割を果たし、日本の経済・社会発展の正反両面の経験によって中国共産党との交流を強め、行き来を続け、国政などの面の経験を共有したいと表明した。

    谷垣禎一総裁は次のように述べた。昨年、胡錦涛主席が日本を訪問し、当時与党の自民党の福田康夫首相と戦略的互恵関係の樹立と発展について重要な合意に達し、両国関係を新たな発展段階に進めた。自民党は現在野党だが、なお使命を受け継ぎ、引き続き日中関係の発展のためたゆまず努力する。

    山口那津男代表は次のように表明した。公明党は対中関係を一貫して重視している。すでに1960、70年代に公明党は日中関係の正常化に力を尽くし、国交正常化に貢献した。日中友好の方針はいかなる時、いかなる状況でも変えることはできない。これは日中両国にとって、アジアおよび世界にとって重要な意義がある。

    志位和夫委員長は次のように表明した。日本共産党は中国が日本の新政権と戦略的互恵関係の推進で共通認識に達したことを歓迎し、新たな情勢の下で両国関係が好スタートを切ったことを歓迎する。習副主席の今回の訪問が日中友好協力を推進する重要な役割を果たすものと信じている。日本共産党は中国共産党との交流の合意を踏まえ、理論面、実践面の交流・協力を強め、日中友好のために共に役割を果たすことを願っている。    (東京12月15日発新華社)

推荐给朋友
  印刷 全文印刷