ホームページ 大使館案内 中日関係 経済協力 科学技術協力 文化交流 領事業務 教育と留学生交流 中国紹介 メディア案内 中国出入国関連情報 日本見聞
習近平副主席 岡田外相福島党首と会見

    習近平国家副主席は16日、東京で社会民主党の福島瑞穂党首、岡田克也外相と個別に会見した。

    習副主席は次のように述べた。今回の日本訪問は滞在期間こそ短かったが、内容は豊かだった。天皇陛下にお会いし、鳩山首相と実りある会談を行い、与野党の指導者、議会の指導者、経済界や日中友好団体と幅広く接触して理解を深め、交流と協力を促し、友情を深めた。訪問は順調で、所期の目的が達せられた。

    さらに次のように表明した。今回の訪問を通じて、中日関係発展のために努力していこうという日本の朝野各界の強い意欲と情熱を感じ、中日関係をさらに発展させるよい基礎が整い、新しい重要なチャンスを迎えていることを感じた。日本側と共に有利なチャンスをとらえ、両国関係を促すための戦略的投入を増やし、政治面の相互信頼を絶えず増進し、互恵協力を深め、国民感情を改善して、両国の戦略的互恵関係を引き続き深めていきたい。

    また次のように述べた。一貫して中日関係を重視している社会民主党は1983年に中国共産党との党間交流関係を確立し、双方の友好協力の強化と中日関係の改善・発展に重要な貢献をしており、そのことを称賛したい。中国側は社会民主党との伝統的な友情を大切にしており、社会民主党との関係を重視している。中日関係の発展を促すために、福島党首と社会民主党が連立政権内でより大きな役割を果すことを期待している。

    岡田外相は次のように述べた。現在の日中関係にはかつてないよい状況がみられる。鳩山新政権の発足後、両国関係は好スタートを切った。習近平副主席の日本訪問は、両国関係を積極的な方向に発展させることになるだろう。アジア時代の到来は加速しており、日中関係の重要性は一段と増している。新しい情勢のもとで、中国との関係を深め、各分野の協力を推進し、日中の戦略的互恵関係の中身を絶えず充実させていきたい。

    福島党首は次のように表明した。社会民主党は中国との緊密な友好関係を一貫して保っていることを誇りにしており、習近平副主席の日本訪問を非常に喜んでいる。鳩山新政権が誕生してから、日中関係は順調な発展を続けている。新政権の一員として、中国との交流と協力を強化し、両国の国民、特に青少年間の友好交流をさらに促し、日中友好の社会基盤を絶えず強めるために一層努力したい。

    また習副主席は同日午前、中国大使館の職員、中国系企業、華僑・華人、留学生の代表と会見した。

(東京12月16日発新華社)

推荐给朋友
  印刷 全文印刷