ホームページ 大使館案内 中日関係 経済協力 科学技術協力 文化交流 領事業務 教育と留学生交流 中国紹介 メディア案内 中国出入国関連情報 日本見聞
中国西部地区、5年間に重点プロジェクト60件着工
2005/05/20

 

 中国が西部大開発戦略を実施してから、民族地区では生態環境保護事業と整備事業が大幅に強化され、重点プロジェクトの建設が実質的進展を収め、経済が急速に発展している。中国が西部地区で着工した重点プロジェクトは60件、投資総額は約8500億元にのぼる。国家民族事務委員会が20日明らかにした。

 中国政府は西部大開発戦略の実施に合わせて西部地区に対する投資を増やしており、民族地区の固定資産投資は大幅に増えている。2000年から2004年までの5年間、民族地区では固定資産投資が年平均21・7%増え、投資総額は2兆3826億元と新中国が建国された1949年から1999年までの総和を5000億元余り上回った。西部大開発が始まってから、青海チベット鉄道、西気東輸(西部の天然ガスを東部に輸送する事業)、西電東送(西部で生産した電力を東部に送る事業)、大型水利センター、交通幹線など西部地区の発展にかかわる重点プロジェクトが相次いで着工した。

 国家民族事務委員会によると、昨年民族地区では貿易額が200億ドルの大台を超え、209億ドルと1999年の2・75倍に達した。

 外資導入戦略と海外進出戦略を結びつけたことから、民族地区では、より大きな範囲、より多くの分野、より高いレベルから内外の経済技術協力と競争に参画、支柱産業と特色経済を発展させ、史上最高の経済収益を収めている。

 新疆は中国の重要な綿花・石油・天然ガス生産拠点で、内モンゴルは羊毛・石炭、広西は製糖業、雲南と貴州はタバコの重要な生産拠点となっている。

 西部大開発が始まってから民族地区では、電力・石炭・石油などの鉱物資源や観光資源の開発が加速、支柱産業としての地位が強化されている。昨年国有工業企業と年間売上高500万元以上の民間工業企業では、利益が780億元余りと史上最高を更新、1999年の13倍余りに達した。

 (北京5月20日発新華社)

推荐给朋友
  印刷 全文印刷