ホームページ 大使館案内 中日関係 経済協力 科学技術協力 文化交流 領事業務 教育と留学生交流 中国紹介 メディア案内 中国出入国関連情報 日本見聞
契約総額1500億元余り 中国東部西部協力商談会
2005/04/11

 

 第9回中国東部西部協力・投資貿易商談会(西洽会と略称)では、4日から8日までの期間に、総額1596億8300万元にのぼる契約と取り決めが調印された。うち外資利用契約は前回より40%近く増えた。

 9日閉幕した第9回西洽会は実効を重視、外資を積極的に導入して、中国企業と海外企業の交流と東部・中部・西部の協力を促進することに重要な役割を果たした。2000人余りの企業関係者が商談会を訪れ、中国の20余りの省が提示した投資プロジェクトに大きな興味を示した。

 欧米先進国の投資家は中国中部と西部に興味を示すようになっており、日本と韓国の企業は中国企業と実務商談を行った。チリ、エチオピア、マレーシア、バングラデシュなどアジア・アフリカ・ラテンアメリカ諸国の中国駐在大使館職員も商談会を訪れ、中国企業との貿易に積極的な意欲をみせた。

 中国企業も海外投資に大きな興味を示し、商談会を訪れた外国公館職員やビジネスマンに現地の投資環境・投資政策・投資プロジェクトについて積極的に説明を求めた。そのため、今回の西洽会では、中国企業と外国企業の双方向の交流がみられた。

 商談会筋の発表によると、今回の西洽会で調印された外資利用契約は131件で、投資総額は18億6500万ドルと前回より39・4%も増加した。

 今回の西洽会は中国企業と外国企業間、東部・中部・西部企業間の長期的経済貿易交流を重視、積極的な仲介サービスを展開した。国内企業の交流を促進するため、商談会は15回の投資促進説明会を開催、東部・中部・西部の20余りの省の企業3200社が商談を行った。また中国企業と外国企業の交流を促進するため、説明会を11回開催、海外企業関係者500人余りが中国企業2000社余りと実務商談を行った。

 第9回西洽会組織委は第10回西洽会を来年4月上旬、西安で開催することを決めた。商談会は中国国際貿易促進委員会と陝西省人民政府の主催。(西安4月9日発新華社)

推荐给朋友
  印刷 全文印刷