ホームページ 大使館案内 中日関係 経済協力 科学技術協力 文化交流 領事業務 教育と留学生交流 中国紹介 メディア案内 中国出入国関連情報 日本見聞
北方フォーラムが「ハルビン宣言」署名
2005/06/20

 

 カナダ、中国、フィンランド、アイスランド、日本、韓国、モンゴル、ロシア、米国9カ国の17地域からなる北方フォーラムの代表は19日、黒竜江省の省都ハルビンで北方圏の持続可能な発展を推進することを盛り込んだ「ハルビン宣言」に署名した。

 北方フォーラム第7回総会が16日から19日までハルビンで開かれた。「宣言」は遠隔医療技術による医療保健促進、健康的な生活スタイルの普及、独特な北方圏文化の保護、ヒグマ保護、空からの水鳥調査など北方圏の国際協力を評価し、今後の協力の重点を定めている。

 フィンランド・ラップランド州知事で北方圏フォーラム議長のプーカ・ハンナイル氏は次のように指摘した。▽グローバル化の背景の下、地理的、気候的特徴が似ている北方圏は洪水災害や異常気象、環境保護、持続可能な発展など多くの厳しい問題に直面している。▽北方フォーラムは環境保護、社会と文化、持続可能な発展の3つを今後の活動の重点とし、貿易とビジネス交流を引き続き進め、自然災害の調査と空からの水鳥調査など生態環境事業を実施する。北方圏の独特な文化の交流、特に土着文化に関心を払う。

 総会では次期理事会メンバーを選出し、第8回総会を2007年にロシア極東のハンティ・マン自治管区で開くことを決めた。

 同フォーラムは国連に所属する非政府組織。北方圏の指導者が問題解決の知識と経験を共有し、北方圏の生活水準を高め、また持続可能な発展を支援し、北方地区間の社会、経済協力をはかることを目的としている。

 (ハルビン6月19日発新華社)

推荐给朋友
  印刷 全文印刷