ホームページ 大使館案内 中日関係 経済協力 科学技術協力 文化交流 領事業務 教育と留学生交流 中国紹介 メディア案内 中国出入国関連情報 日本見聞
博鰲で両岸経済展望の円卓会議 蕭万長氏と陳徳銘商務相が出席
2008/04/14

 

 博鰲アジア・フォーラム08年年次総会の「台湾経済と(台湾海峡)両岸経済貿易展望」と題する円卓会議が13日、海南省博鰲で開かれた。台湾両岸共同市場基金会の蕭万長理事長と陳徳銘中国商務相が共同議長を務め、両岸の企業界、学術界の代表30人余りが出席した。両岸経済・貿易関係の現状に対するそれぞれの感想を述べ、経済・貿易関係の改善と発展について具体的提案を行った。

 蕭氏は台湾の新時代の三つの経済発展戦略として公共投資拡大、産業再生、開放・緩和を挙げ、さらに次のように述べた。

▽台湾の今後の新経済政策は両岸の経済・貿易協力の拡大にプラスで、両岸に非常に多くの新たなビジネスチャンスをもたらすだろう。両岸の経済・貿易関係が一層強まり、大陸の資本、市場、人材が台湾と協力する非常に多くのチャンスがもたらされる。

▽台湾の先の選挙での公約が今年5月から積極的に実行される。両岸が協議し、「三通」(通商、通航、通信)を実現する。大陸資本に対し、台湾への長期投資を開放する。両岸の金融業の開放・協力を促進する。大陸観光客の台湾観光規制を緩和する。

 陳商務相はあいさつの中で次のように述べた。

▽現在、両岸経済・貿易協力は得がたい発展の好機を迎えており、協力せず、共に発展をはからない理由はない。

▽今後、大陸側は両岸経済・貿易協力の範囲を引き続き拡大し、協力のレベルを高め、両岸の経済・貿易協議の場を積極的に構築し、「三通」実現の推進に努力し、経済・貿易協力の恩恵が両岸同胞により一層及ぶようにする。

▽われわれは台湾側が両岸経済・貿易交流に対する規制を早期に緩和し、共に努力し、経済の共同の発展と繁栄をはかり、経済グローバル化と地域経済一体化の挑戦(試練)に共同で対応することを希望している。

 (海南省博鰲4月13日発新華社)

 

 

推荐给朋友
  印刷 全文印刷