ホームページ 大使館案内 中日関係 経済協力 科学技術協力 文化交流 領事業務 教育と留学生交流 中国紹介 メディア案内 中国出入国関連情報 日本見聞
台湾は中国大陸との貿易規制緩和を WTOの報告が呼びかけ
2006/06/23

 

    世界貿易機関(WTO)が20日に発表した報告は、中国台北に対し、祖国大陸との貿易規制を緩和するよう呼びかけている。同報告は、これは台湾経済の効率を引き上げ、国外からの投資を増やす力となるとしている。

 WTOは同日「台湾、澎湖、金門、馬祖単独関税区」(略称中国台北)のWTO加盟後初の貿易政策に関する審議報告を発表した。全文107ページに及ぶもので、その要約部分で、「台湾海峡両岸の経済的連携は日ごとに緊密になっているが、台湾側は依然としてほぼ2200種類の大陸商品の輸入を制限している。台湾当局はまた大陸からの直接投資も厳しく規制している」と指摘している。報告はさらに次のように述べている。

▽台湾経済にとって大陸との貿易の重要性はますます増大しており、台湾当局は大陸との通航の規制を一段と緩和し、貿易拡大をはかるべきだ。

▽台湾商品の主な輸出先は、東アジア、米国および欧州連合(EU)市場である。しかし、2001年以降は、台湾の輸出総額のうち、東アジアへの輸出が著しく増加し、一方、米国とEUの割合は低下する傾向を示している。これは主として大陸への輸出が大幅に増加したことによるものである。たとえば、2004年の大陸への輸出は全体の20%にも達した。

▽輸入について言えば、東アジアの日本は、台湾にとって最大の輸入商品供給国で、日本からの輸入は台湾の輸入商品総額の約26%を占めている。大陸商品の占める割合は2001年の5・5%から2004年に10%に上昇した。

▽台湾は大陸との貿易で大幅な黒字になっている。2004年の大陸への輸出総額は340億ドルだったが、大陸からの輸入額はわずか170億ドルに過ぎなかった。

▽(両岸の直接投資について)台湾の大陸への直接投資は、2005年には60億ドルに達し、台湾の対外直接投資総額の66%前後を占めた。同年に台湾が受け入れた大陸からの直接投資は3億ドルに過ぎない。

                               (ジュネーブ6月21日発新華社)

 

推荐给朋友
  印刷 全文印刷