ホームページ 大使館案内 中日関係 経済協力 科学技術協力 文化交流 領事業務 教育と留学生交流 中国紹介 メディア案内 中国出入国関連情報 日本見聞
大使コラム
  大使館案内
  中日関係
 重要文書
 重要スピーチ
  経済協力
  文化交流
  領事業務
 領事部総合案内
 旅券・査証業務
 公証・認証業務
 各種申請表ダウンロード印刷
 よくある質問集
 Eメール
  教育と留学生交流
  メディア案内
 大使館報道官談話
 中国取材
  日本見聞
  お知らせ
 
大使館領事部端午節休館のお知らせ(2017-04-29)
領事部春節休館のお知らせ(2016-12-15)
領事部元旦休館のお知らせ(2016-11-30)
  ご意見とご感想
  トップページ > トピツクス > 東日本大地震
奥山仙台市長,震災援助の長春市長に感謝の書簡(2011-05-14)
程永華駐日大使,国務院僑務弁公室の震災見舞金を在日華僑団体に手渡す(2011-04-30)
中国が地震被災在日華僑に10万ドルの義援金(2011-04-26)
震災でも日中民間交流促進努力止まらず尾形日本財団理事長(2011-04-23)
日本から中国東北などへ生産能力移転の動き新華社解説(2011-04-21)
香港で再開日本への観光ツアー(2011-04-18)
程永華駐日大使が新潟を訪問し,「3・11」地震の際,帰国を希望する中国公民に同県から協力が寄せられたことに感謝(2011-04-15)
温家宝総理,菅直人首相と電話会談(2011-04-14)
中国は日本の観光業復旧に重要北京で溝畑宏長官強調(2011-04-12)
三一重工から東京電力に寄贈されたポンプ車が福島第一原発で注水作業(2011-04-11)
雲南を除く一級行政区で極微量のヨウ素131検出環境と健康への影響ない(2011-04-10)
洪磊外交部報道官,日本の汚染水の太平洋放出で記者団の質問に答える(2011-04-10)
北京などのホウレンソウからヨウ素131検出衛生部発表(2011-04-08)
駐日大使館,津波による中国公民犠牲者1人を新たに確認8人目(2011-04-08)
程永華駐日大使,「3・11」地震についてTBSテレビのインタビューを受ける(2011-04-06)
31一級行政区で極微量の放射性物質を観測環境と人体に影響ない(2011-04-05)
東日本大震災後の協力が焦点に今年の北京東京フォーラム(2011-04-02)
駐日大使館が3月定例記者会見(2011-04-01)
中国政府の3回目緊急援助物資,東京に到着ゴム手袋や仮設トイレなど(2011-04-01)
津波による5人目の中国公民犠牲者確認中国大使館(2011-03-31)
中国の一部で極微量放射性物質観測環境と健康に影響ない(2011-03-30)
駐日大使館,津波による中国公民犠牲者新たに1人確認(2011-03-30)
中国政府援助の燃料2万㌧大連港から日本へ来月1,2日到着(2011-03-30)
中国紅十字会が日本の地震被災地に新たに2千万元3回目の緊急援助(2011-03-30)
中国政府の第2次人道援助物資北京から日本に空輸(2011-03-30)
中国が日本に無償提供する2万トンの燃料油大連で積み込み始まる(2011-03-29)
「環境と人体に影響ない」専門家黒竜江東北部で極微量の放射性物質検出(2011-03-27)
日本華人教授会議 在日華僑・留学生に救援参加を呼びかけ(2011-03-25)
大連で日本機の貨物から基準超える放射線荷降ろし拒否の報道否定(2011-03-25)
地震の影響を受けた200余の日系企業の困難解決重慶市が支援(2011-03-24)
日本の原発事故による中国の環境への影響ない国家原発事故緊急対応調整委員会発表(2011-03-22)
中国から寄贈される長さ62メートルのポンプ車22日日本へ(2011-03-22)
震災地中国公民の自由意思に基づく避難と帰国に対する駐日大使館の協力業務が完了(2011-03-22)
安全な地域への避難作業ほぼ完了地震被災地の中国公民(2011-03-21)
中国国際救援隊,日本での救援活動終える(2011-03-21)
楊潔チ外交部長,日韓外相と会見地震・津波に見舞いの言葉(2011-03-20)
トピツクス
「一帯一路」国際協力サミットフォーラム
2017年両会
中国共産党第18期中央委員会第6回全体会議
  一覧...
リンク
  駐日本国総領事館
  中央省庁
  マスメディア
  その他
大使コラム
  大使館案内
  中日関係
 重要文書
 重要スピーチ
  経済協力
  文化交流
  領事業務
 領事部総合案内
 旅券・査証業務
 公証・認証業務
 各種申請表ダウンロード印刷
 よくある質問集
 Eメール
  教育と留学生交流
  メディア案内
 大使館報道官談話
 中国取材
  日本見聞
  お知らせ
 
大使館領事部端午節休館のお知らせ(2017-04-29)
領事部春節休館のお知らせ(2016-12-15)
領事部元旦休館のお知らせ(2016-11-30)
  ご意見とご感想
  トップページ > トピツクス > 東日本大地震
奥山仙台市長,震災援助の長春市長に感謝の書簡
2011/05/14
 

 吉林省長春市の崔傑・市長は最近、日本の地震被災地仙台市の奥山恵美子市長からの感謝の書簡を受け取った。奥山市長は仙台市民を代表して、長春市が仙台市民に提供した無私の援助に心から感謝した。

 奥山市長は書簡のなかで次のように述べた。長春市政府は今回の大地震で被災した仙台市に多額の義援金と大量の災害救援物資を贈ってくれた。そのことに我々は心から感謝している。仙台市がまれにみる自然災害に見舞われてから、長春市の各界関係者は親戚のように心配してくれた。そのことに深く感動している。友好都市の存在は、何ものにも代えることはできない。

 また次のように話した。仙台市の再建はすでに始まっており、仙台市民の生活と都市機能は着実に回復している。深刻な被害を受けた仙台空港も4月13日、再開された。しかし現在も2500人の市民が避難生活を余儀なくされ、間断なく続く余震の恐怖にさらされている。

 さらに次のように述べた。我々は今後、仮設住宅を建設し、雇用を創出し、都市の再建を加速していく。長春市からの義援金は全額、仙台市の復興再建活動に投入していく。仙台市民は一致協力して難関を乗り越える決意だ。和やかな環境のなかで、一日も早く崔傑・市長や長春市民と再会したい。

 1980年10月27日に長春市と友好都市の関係を結んだ仙台市は、長春市が友好都市の関係を結んだ初めての外国の都市。この30年あまりの間、長春と仙台は経済交流、文化・スポーツ交流、人材・技術交流、民間交流などを展開し、両市の友好を深め、共同発展を促してきた。2002年5月、長春と仙台を結ぶ定期航空チャーター便も就航した。

 今年3月、日本で大地震が発生し、仙台市は大きな被害を受けた。地震発生直後、崔市長は奥山市長に見舞いの書簡を送り、長春市政府と市民を代表して、仙台市民に心からの見舞いの気持ちを表した。このあと、長春市は多額の義援金と大量の災害救助物資と仙台市に提供した。

(長春5月13日発新華社)