ホームページ 大使館案内 中日関係 経済協力 科学技術協力 文化交流 領事業務 教育と留学生交流 中国紹介 メディア案内 中国出入国関連情報 日本見聞
大使コラム
  大使館案内
  中日関係
 重要文書
 重要スピーチ
  経済協力
  文化交流
  領事業務
 領事部総合案内
 旅券・査証業務
 公証・認証業務
 各種申請表ダウンロード印刷
 よくある質問集
 Eメール
  教育と留学生交流
  メディア案内
 大使館報道官談話
 中国取材
  日本見聞
  お知らせ
 
大使館領事部端午節休館のお知らせ(2017-04-29)
領事部春節休館のお知らせ(2016-12-15)
領事部元旦休館のお知らせ(2016-11-30)
  ご意見とご感想
  トップページ > トピツクス > 釣魚島問題 > その他
高速法執行艇3隻,正式配備 中国海監上海市総隊(2012-11-10)
日本は「島購入」を反省すべき 野中広務氏(2012-11-10)
福州で「釣魚島:歴史と主権」展開催(2012-10-27)
釣魚島紛争で日本の対中入超最高に(2012-10-24)
中国の主権を示す証拠を展示 北京で「釣魚島主権証拠・国宝大展」(2012-10-08)
「近代以来の日本の中国観」刊行(2012-09-26)
釣魚島紛争,中日両国の経済・貿易に影響出始める(2012-09-25)
「釣魚島は中国のもの」刊行(2012-09-25)
ソウルの日本大使館前で中国人留学生が抗議(2012-09-25)
「釣魚島は中国のもの」刊行 主要メディアの記事収録(2012-09-25)
釣魚島から20カイリの海域で抗議活動 台湾の漁船約100隻(2012-09-25)
叢書「日中関係史1972~2012」 東大出版会から刊行(2012-09-25)
台湾漁船75隻が日本政府に抗議するため釣魚島へ(2012-09-24)
釣魚島に対する主権を示す動かぬ証拠「記事珠」 24日から北京で展示(2012-09-24)
中国,無人機でモニタリング管理管制強化へ 釣魚島,黄岩島などの海域(2012-09-23)
「釣魚島係争を棚上げすべき」民主党最高顧問(2012-09-23)
日本の釣魚島不法占拠は「カイロ宣言」などの国際法文書をないがしろにするもの(2012-09-22)
証拠の地図あり―釣魚島は昔から中国に属している(2012-09-21)
釣魚島「購入」は中日のコンセンサスに背くもの クリントン政権時代のNSC上級アジア部長(2012-09-21)
単独で乗り込み,「保釣」の決意示す 台湾の民間船(2012-09-21)
日本の釣魚島「購入」は下心を持った挑発 ロシアの学者が語る(2012-09-19)
釣魚島付近海域で権益維持パトロール継続 中国海監船隊(2012-09-19)
中国俳優委員会が日本の釣魚島購入について声明発表(2012-09-18)
現存する日本の史料が釣魚島は中国に属すと証明(2012-09-18)
中国が東海の一部海域の200カイリを超える大陸棚の境界画定案を提出するのには十分な科学的,法的根拠がある(2012-09-18)
「直ちに主権侵害行為を中止されたし」中国海監船隊釣魚島巡航同行記(2012-09-17)
外交部:東海の200カイリ超大陸棚境界画定案の提出は海洋権益を守る確固たる決意と意志の現れ(2012-09-16)
図説:中国の釣魚島およびその付属島嶼(2012-09-15)
トピツクス
2018年両会
「一帯一路」国際協力サミットフォーラム
2017年両会
  一覧...
リンク
  駐日本国総領事館
  中央省庁
  マスメディア
  その他
大使コラム
  大使館案内
  中日関係
 重要文書
 重要スピーチ
  経済協力
  文化交流
  領事業務
 領事部総合案内
 旅券・査証業務
 公証・認証業務
 各種申請表ダウンロード印刷
 よくある質問集
 Eメール
  教育と留学生交流
  メディア案内
 大使館報道官談話
 中国取材
  日本見聞
  お知らせ
 
大使館領事部端午節休館のお知らせ(2017-04-29)
領事部春節休館のお知らせ(2016-12-15)
領事部元旦休館のお知らせ(2016-11-30)
  ご意見とご感想
  トップページ > トピツクス > 釣魚島問題 > その他
高速法執行艇3隻,正式配備 中国海監上海市総隊
2012/11/10
 

   中国海監(China Marine Surveillance)上海市総隊の3隻の法執行高速艇、中国海監6011、6012、6013の配備兼初航海式が10日、上海長興島漁港ふ頭で行われた。3隻の法執行艇の配備は、上海海監の法執行船舶の「ゼロ」の突破が実現し、上海の海上法執行能力が一段と強化されたことを示している。

   中国海監の法執行艇であるこの3隻の高速艇は、中国海監総隊が統一的に配置し、船型を統一し、統一入札によって、統一的に建造したもので、沿岸海域での使用に適している。長さ19・68㍍、幅4・78㍍、航行速度45ノットで、風力8に耐えられ、航続能力は300カイリに達する。1隻の投資額は800万元。同型式の高速艇は機動性が高く、航行速度が速く、航続能力が長い。「機動性、高速性、長距離」の特色をもっており、その配備によって、海上パトロール能力が大きく高まると期待されている。パトロール範囲は長江河口、杭州湾に及ぶ。

   中国海監上海市総隊の関係責任者の説明によると、上海はいま中国海監崇明権益維持法執行基地の改築を急いでいる。上海市総隊は上海海域で「海、陸、空」の立体的合同法執行を展開し、上海の海洋管理秩序を共同で守るという。

(上海11月10日発新華社)