ホームページ 大使館案内 中日関係 経済協力 科学技術協力 文化交流 領事業務 教育と留学生交流 中国紹介 メディア案内 中国出入国関連情報 日本見聞
第12期全国人民代表大会第3回大会が北京で閉幕
2015/03/26

    第12期全国人民代表大会第3回会議は各項目の議事日程を円満に完成し、15日午前に人民大会堂で閉幕した。大会で政府活動報告、全国人民代表大会常務委員会活動報告などを批准した。また、表決で立法法の修正案を可決し、国家主席の習近平主席が第20号主席令に署名し、これを公表する。

    会議は投票で、政府活動報告に関する決議を可決した。決議を通じて、会議で国務院のこの一年間の活動が十分に評価され、報告で提示された2015年業務総体構想、目標任務及び政策措置を承認し、この報告への批准を確定したことが提起された。

    大会で各項目の議事日程を終了した後、張徳江委員長が談話を発表した。張徳江委員長は第12期全国人民代表大会第3回会議で民主を十分に発揚し、厳正に法に照らして実務を行い、良好な会議の気風を維持し、思想をさらに統一し、任務を明確化し、会議自体を強固にし、成功裏に終わった。

    張徳江委員長は次のように述べた。今回の会議の重要な成果は、審議で立法法修正案に関する決定を可決し、新情勢のもとで、立法業務を強化して改善し、憲法を核心とする中国の特色ある社会主義法律体系を改善し、立法の誘導と推進の作用をより適切に発揮し、社会主義法治国家を建設するために、重要な意義がある。我々は修正後の立法法を深く学習し、幅広く宣伝し、関連弁法を早急に改善し、立法業務チーム建設を強化し、法律の正確で効果的な実施を確保し、立法活動の水準を絶えず引き上げなければならない。

    張徳江委員長は最後に次のように述べた。偉大なる目標を実現するため、確固とした意志とたゆまない努力が求められる。我々は習近平同志を総書記とする共産党中央委員会の周囲に緊密に団結し、中国の特色ある社会主義の偉大なる旗を高く掲げ、全国の各民族の人民が改革開放と社会主義の現代化建設に積極的に身を投じるように働きかけ、一心同体となり、開拓と進取に励み、業務に着実に取り組み、「2つの百年」奮闘目標と中華民族の偉大なる復興を目指す中国の夢を実現するために努力し、奮闘する。

推荐给朋友
  印刷 全文印刷