ホームページ 大使館案内 中日関係 経済協力 科学技術協力 文化交流 領事業務 教育と留学生交流 中国紹介 メディア案内 中国出入国関連情報 日本見聞
政協記者会見,政協は腐敗行為を行った者の隠れ場ではない
2015/03/04

    第12期全国政協第3回会議が3日午後3時に北京で開幕する。第12期全国政協第3回会議は2日午後にプレスブリーフィングを開き、呂新華報道官が大会の状況を国内外の報道陣に紹介し、質問に答えた。

――昨年政協だけで令計画、蘇栄という2人の副国級高官および6人の省・部級高官が腐敗で失脚したことについて見解は。

    政協は腐敗行為を行った者の隠れ場ではない。彼らに対して法と規律にのっとって厳正な取り調べと処分を行うことを、われわれは断固支持する。彼らの問題の大部分は政協での職責履行の過程で起きたものではないが、われわれ政協組織の名声は大きく損なわれた。

    政協における作風建設および腐敗との闘いと清廉な政治の推進を一層強化しなければならない。人民政協は中共中央の方針と決定を断固支持する。少し前に兪正声主席は全国政協の党組織会議を招集し、第18期中央紀律検査委員会第5回総会での習近平総書記の重要談話の精神を学習、貫徹し、政協の党風廉政建設(腐敗なき政治を行う党風樹立)と腐敗対策の一層の推進について方針をまとめた。昨年の第12期政協第7回常務委員会議では、党風廉政建設と腐敗対策を特別テーマに話し合った。

推荐给朋友
  印刷 全文印刷