ホームページ 大使館案内 中日関係 経済協力 科学技術協力 文化交流 領事業務 教育と留学生交流 中国紹介 メディア案内 中国出入国関連情報 日本見聞
習近平国家主席,ボアオ・アジアフォーラムの年次総会の開幕式で基調講演を行い
2015/03/28
    328日午前、中国の習近平国家主席は、中国海南省の博鰲で開催するボアオ・アジアフォーラム2015年年次総会の開幕式に出席し、基調講演を行われ、その主な内容は次の通り。

    今回のボアオ・アジアフォーラム2015年年次総会は「アジアの新未来:運命共同体へ向けて」をテーマとし、ちょうどいい時期だと言え、重要な現実的な意義もあれば、長い歴史的な意義もある。みなさんが言いたいことを存分に言って、アジアと世界平和と発展のために卓見を貢献するよう望んでいる。

    歴史は、いつも重要な時間節で人々の追憶と再認識を蘇る。今年は世界反ファシズム戦争及び中国人民抗日戦争勝利70周年、国連成立70周年、アジア・アフリカ会議(バンドン会議)開催60周年、東南アジア諸国連合が建設する年だ。これは記念すべき重要な年で、人々に歴史を銘記させ、過去を鑑にして、未来を展望する重要な時期である。

   70年以来、世界はかつてない深刻な変化が起き、歴史的に人類の運命を変えた。全世界の殖民体系が崩し、冷戦の対峙が存在しなく、各国の相互連絡と相互依存は日増しに深め、平和、発展、協力、ウィンウィンの時代潮流が前へ進め、国際の力の対比は世界平和を守ることに有利な方向へ発展し、国際情勢の全体の安定を保ち、各国の共同発展を促進する面ではより多くの有利な条件を備えている。

   70年以来、アジアの情勢はかつてない変化が発生した。地区の各国は民族の独立を実現し、自分の運命を掌握でき、地域と世界の平和擁護するパワーを強化した。アジアの諸国は率先に平和五原則を提唱し、またアフリカ諸国と共に、アジア・アフリカ会議で国家関係を処理するための十原則を提出した。これらの全てが国家関係を正しく処理、新型の国際関係を作り出すために歴史的な貢献を出した。

   70年の歴程を振り替えし、今日のアジアが取った発展の成果は、アジア各国の人民が代々持続的に努力した結果で、多くの政治家と有識の人士が苦労して努力した結果だ。明日、シンガポールはリー・クアンユー元首相のために国葬を行う。リー・クアンユー先生は国際社会の尊重を受ける戦略家と政治家で、アジアの平和と発展、及びアジアと世界の交流と協力のために素晴らしい貢献をした。この場を借りて、私はリー・クアンユー先生を含めるアジアの平和と発展のために貢献をした先賢に、崇高な敬意を表したい。

    アジアは運命共同体に歩んで行き、アジアの新しい未来を打ち立てるため、世界の前進の歩みの中で前進し、世界の発展の流れ中で発展しなければいけない。

    現在、国際情勢は深刻且つ複雑な変化が引き続き発生し、世界の多極化、経済のグローバル化の発展を深く入り込んで、文化多様化、社会情報化が継続に推進され、国際構成と国際秩序の調整と変遷が加速されている。世界各国は各自の発展戦略を急いで調整し、変革と革新を推進し、経済の発展方式を転換し、経済構造を調整して、新たな発展空間を開拓している。同時に、世界経済は依然として深い調整期間にあり、低増長、低インフレ、低需要と高失業、高債務、高バブルなどのリストが交織、主要な経済体の勢いと政策の配向が引き続き分化し、経済環境の不確定性が依然として目立てている。テロリスト、ネット安全、エネルギー安全、食料安全、気候変化、重大な伝染性病気などの非伝統的な安全と世界性の挑戦が絶えず増加し、南北発展の格差が依然として大きい。

    運命共同体へ歩くためには、協力・ウィンウィン、共同発展を堅持しなければならない。ゼロサムゲームや両勝ちできないという古い思考を捨て、ウィンウィン・共に勝つという新しい理念を樹立し、自身の利益を追求する時に他方の利益にも配慮を加え、自身の発展を求める時に共同発展をも促進すべきだ。協力・ウィンウィンの理念は経済分野だけでなく、政治、安全、文化などの幅広い分野にも適用される。そして、地域の諸国間だけでなく、地域外の国との協力にも適用される。マクロ経済政策協調を強化し、違う経済体の経済政策の変動がもたらすかもしれないマイナス外溢効果を防止し、世界経済の治理変革を積極的に推進し、開放型世界経済体制を守り、世界経済におけるリスクと挑戦を共に対応すべきだ。

    中国と東南アジア諸国連合(ASEAN)は手を携え、より緊密な中国・ASEAN運命共同体を構築し、ASEANは中国、日本、韓国と2020年までに東アジア経済共同体の構築に力を注ぐ。我々はアジア自由貿易ネットワークを積極的に構築し、2015年までに中国・ASEAN自由貿易区のグレードアップ交渉、および地域の全面的経済パートナーシップ協定に向けた交渉を完成するよう努力する。アジア経済一体化を推進するとともに、我々は開放的な地域主義を堅持し、アジア太平洋経済協力会議(APEC)を含める地域を跨ぐ協力を協調・推進する。

    われわれは積極的に地域の金融協力体系の構築を推進し、アジア金融機構の交流協力のプラットフォームの建てを検討し、アジアインフラ投資銀行がアジア開発銀行や世界銀行などの多国間金融機構との相互補完と共通進歩、協調発展を推進すべきだ。通貨の安定、投資・融資、信用評価などの分野での実務的な協力を強め、チェンマイ・イニシアチブの多国間化メカニズムの建設を推進し、地域の金融安全網を建設すべきだ。アジアエネルギー・資源の協力メカニズムを推進し、エネルギー・資源の安全を保障すべきだ。

    中国側は次のように提議する。東アジアとアジアの相互接続の計画が早めに設定し、インフラ建設、政策企画、人員往来の全面的融合を促進する。海上での相互接続建設を強化し、アジア海洋協力のメカニズムの建設を推進し、海洋における経済、環境保護、災難管理、漁業などの各分野の協力を促進し、海洋にアジア諸国に繋がる平和、友好、協力の海になるようにさせる。

    運命共同体に歩んで行くには、共同、総合、協力、持続可能な安全の実現を堅持しなければいけない。現在の世界では、安全の内包と外延が更に豊富し、各種の要素が更に複雑で入り込んでいる。各国の人民は運命を共にし、相互依存の関係にある。我々は、冷戦の思考を排除し、安全の理念を新たに作り出して、共に建設、共に享受、ウィンウィンのアジア安全の道を進めるよう努力する。

  各国は皆平等で地域安全事務に参与する権利を持ち、地域安全を守る責任もあり、すべての国家の合理的な安全への関心は尊重と保障を得るべきだ。アジア諸国は他の地域の国々及び関係組織と協力を強めるべきで、各方面がアジアの発展と安全のために積極的で、建設的な作用を発揮することを歓迎する。

    運命共同体に歩んでいくには、違い文明の交ぜ織り、交流と勉強し合うことの堅持が必要だ。今日のアジアは、多様性の特色は依然として鮮明し、違う文明、違う民族、違う宗教が交ぜ織り、共同で多彩なアジア大家族を構成する。違う文明、違う発展のモードの交流対話を促進し、競争比較の中で長所を取り入れ短所を補い(互いに勉強するよう)、交流と勉強し合うことで共同で発展すべき、文明、交流と勉強しあうことに各国人民の友誼の橋、人間社会の進歩を推進する原動力、世界平和を守る絆になるようにさせる。

    現在、中国人民は小康社会の全面的完成、改革の全面的深化、全面的に法により国を治め、全面的に党を厳格に統治する戦略配置に基づいて、「二つの百年(中国共産党創立100年の2021年に小康社会を全面的に実現し、建国100年の2049年に富強・民主・文明的で調和のとれた社会主義現代国家を実現する)」という努力の目標を実現するために心を合わせて協力し、中華民族の偉大なる復興の中国の夢をを実現するために奮闘している。前進の道で、中国は平和発展を堅持し、決心が動揺せず、共同発展を堅持し、理念が動揺せず、アジア太平洋の協力発展を堅持し、政策が動揺しない。

    現在、中国経済の発展は新常態(ニューノーマル)に入り、高速度成長から中高速度の成長に移行し、規模速度型の粗放成長から品質効率型の集約的成長へ転換し、要素投資駆動からイノベーション駆動へと転換している。2014年、中国経済は7.4%の成長を実現し、労働生産率が7%を高め、国内総生GDP)単位当たりのエネルギー消費が4.8%を下がって、国内の消費貢献度が上昇し、サービス業界の発展が加速し、発展の品質と効果・利益が絶えず高めている。我々はは中国経済を見るとき、成長率だけ見てはいけない。中国経済体の量が絶えず増大し、現在7%ぐらいの経済増量は相当な物だ。中国経済体が量が大きい、粘り強く、潜在力が十分で、十分な回転空間があり、政策の道具が多い。中国は自発的に経済発展における新常態に適応し、新常態を導き、経済発展の質量と効果・利益の高めを堅持することを中心にし、方式の回転と構造の調整を益々重要な位置に置き、経済発展を益々着実に推進し、改革開放を益々確固に深化し、創造における活力を益々十分に激発し、公平と正義を益々有効に維持し、民生を益々有力に保障して改善し、経済社会の安定で健康な発展を促進する。

    中国経済の発展はすでに“新常態”(ニューノーマル)に入り、引き続きアジア諸国を含める世界各国により多くの市場、増加、投資、協力機会を提供する。これからの5年間、中国の商品輸入額は10万億ドルを超え、対外投資は5000億ドルを超え、海外旅行者数は5億人を超える見込みだ。中国は対外開放の基本国策を堅持し、絶えず国内投資環境を改善し、投資者の合法的権益を保護し、皆とともにアジア発展の列車を牽引して、絶えず更なる光明な未来へ走らせるのだ。

  中国は調和で安定的な国内環境と平和で平穏な国際環境を最も必要とする。いかなる激動や戦争もすべて中国人民の根本的利益に合致しない。中華民族は昔から平和を愛し、「和をもって尊きとする」「協和万邦」「四海同胞」などの思想を尊重している。近代から中国は100年余りにわたる激動や戦火を浴びたから、中国人民は決してかつて体験した悲惨なことを他の国や民族に押し付けない。歴史を見渡せば、武力を通じて発展目標を果たそうとする全ての国が最終的に失敗を招いたことが分かる。中国は独立自主の平和外交政策を揺ぎなく堅持し、平和発展の道を歩み続け、互恵・ウィンウィンの開放戦略を遂行し、正確な義利観を堅持・貫徹し、協力・ウィンウィンを核心とする新型国際関係の構築を推し進め、終始世界平和を守り、共同発展を促進するための動揺しない力とする。

    「遠い親戚より近くの他人(遠方にいる親類よりも近隣にいる他人の方が頼りになる。)」これは中国人が早い時期でも分かる簡単な生活の道理だ。中国は「隣と善をなし、隣りを伴となす」(近隣諸国と親しくし、パートナーとする)ことを堅持し、「睦隣、安隣、富隣」(善隣友好、近隣関係の安定、近隣国の経済成長促進)、「親・誠・恵・容」(親しくすること、誠実に付き合うこと、互恵を目指すこと、寛容な姿勢を貫くこと)の理念を持って、周辺の国家との互恵協力と相互接続ことを深化し続け、自身の発展がよりよく周辺の国家に恵みをもたらすように努力する。

    2013年に、私はカザフスタンとインドネシアを訪問したときに、それぞれシルクロード経済ベルトと21世紀海上シルクロードを建設するという協力提議を出した。「一帯一路」の協力提議は各方面の共同利益と一致し、地域と全世界の協力潮流に順応する。

    「一帯一路」の建設は共に検討、共に建設、共に享受する原則を執っていて、中国の独奏ではなく、沿線各国によるコーラスである。「一帯一路」の建設は現在存在している地域の協力メカニズムと提議に替わるのではなく、現有の基礎の上に、沿線各国の発展戦略の相互結合と相互補完を推進する。現在、すでに60あまりの沿線国家と国際組織は「一帯一路」建設の参与に積極的な態度を示した。「一帯一路」の建設も、アジアインフラ投資銀行(AIIB)も開放的であり、我々は沿線の国々とアジアの国々が積極的に参与することを歓迎する。

    「一帯一路」の建設は地域国家に確実な利益をもたらす。各方面の共同の努力で、「一帯一路」建設のビジョンと行動の文書はすでに制定され、アジアインフラ投資銀行の準備・建設作業は実務的な一歩も踏み出し、シルクロード基金はもう順調に起動され、インフラの相互接続項目はもう穏やかに推進されている。

推荐给朋友
  印刷 全文印刷