ホームページ 大使館案内 中日関係 経済協力 科学技術協力 文化交流 領事業務 教育と留学生交流 中国紹介 メディア案内 中国出入国関連情報 日本見聞
前の事を忘れず,後の戒めにする
駐日大使館と日本民間団体が「七七事変」78周年を記念
2015/07/17

    中国人民抗日戦争・世界人民反ファシスト戦争勝利70周年を記念する重要な一環として、7月7日、駐日中国大使館と「日中友好8・15の会」、「関東日中平和友好会」、「撫順の奇蹟を受け継ぐ会」、「不戦兵士市民の会」、「再生の大地―撫順戦犯管理所」合唱団など日本の民間団体が一緒に集会を開き、「七七事変」78周年を盛大に記念した。これには程永華駐日大使ら多くの外交官、日本の民間団体のメンバー200人余りが出席し、日本にある中国メディア、中国語メディアと日本のメディア29社が取材・報道した。

    程大使はあいさつで次のように述べた。今年は中国人民の抗日戦争と世界の反ファシズム戦争の勝利70周年にあたる。78年前、日本の軍国主義が全面的侵略戦争を起こし、中華民族が全面的抗戦に入った。8年間に及ぶ苦難に満ちた血みどろの戦いを経て、われわれは大きな民族的犠牲を払い、ついに勝利を収め、世界の反ファシズム戦争の勝利に大いに貢献した。この歴史を永遠に銘記しなければならない。この戦争は中国人民に一大災難をもたらし、日本人民も大きな被害を受けた。この不幸な歴史は中日関係に深い教訓を残した。中国政府と人民は一貫して日本軍国主義分子と一般の人民を区別し、中国の指導者は日本人民もあの戦争の被害者だと何度も強調している。戦後、中国は100万人の日本人が故郷に帰るのを手伝い、物資が極度に不足する状況の中、数千人の日本の戦争孤児を自分の子どもとして育てた。これで中国人民の広い度量と大きな愛が示された。「前の事を忘れず、後の戒めにする」というように、戦後の中日関係の回復と再建は曲折と繰り返しの困難な歩みを経たが、その政治的基礎は日本が深く歴史を反省し、戦争の責任を認めることだった。われわれが繰り返し強調しているように、歴史を心に刻む目的は恨み続けることではなく、歴史の教訓を銘記し、悲劇の再演を防ぎ、未来をより良く切り開くことだ。

    程大使は日本の関係民間団体が毎年、「七七」記念行事を開催していることを積極的に評価し、次のように述べた。1980年代末から四つの団体が「七七事変」を共同で記念し、現在までずっと続けてきたのは非常に得難いことだ。友好活動が古い世代の人々から、友人たちによって代々引き継がれてきたことは、まさに両国の民間交流の強大な生命力の現れだ。程大使は特に中国帰還者連絡会(撫順の奇蹟を受け継ぐ会の前身)の故藤田茂会長、日中友好旧軍人会(日中友好8・15の会前身)創始者の遠藤三郎氏、日中平和友好会の創設者である林弥一郎氏ら古い友人をしのび、今年3月に亡くなった関東日中平和友好協会前会長の花園昭雄氏に哀悼の意を示した。90歳となった今もなお日本の若者に戦争の真相を伝え続けている沖松信夫氏と中島五郎氏に敬意を表した。

    程大使は次のように強調した。中日は引っ越すことができない隣り合った大国で、両国には2千年にわたる行き来の長い歴史があり、近代以降、日本が中国を侵略した苦い経験もある。日本が戦後70周年を契機に過去の侵略の歴史を本気で総括し、本当に歴史を鑑に、未来に向かえるかどうか、非常に大事な節目だと言える。日本が70周年を一つの機会にして、過去の軍国主義による侵略の歴史と一線を画し、まったく新しいページを開き、歴史を鑑にすることを踏まえて、アジアの隣国と未来志向の関係を発展させるよう希望する。

    程大使は次のように指摘した。中日双方は各分野での交流を推し進め、両国人民の相互理解と友好的気持ちの増進に努めるべきだ。今年5月、習近平主席は中日友好交流大会に出席して重要演説を行い、中国政府が両国の民間交流を支持することを表明し、両国の各界、特に若い世代が中日友好事業に進んで身を投じるよう激励した。両国の人民が友好の信念を固め、積極的に行動し、双方の友好交流と協力を強化し、中日関係の改善と発展のためより多くのプラスのエネルギーを集積し、双方の国民の感情を改善していくよう期待している。程大使は最後に、四つの友好団体が今回の記念集会をきっかけに、積極的な行動によって正義の声を結集し、両国関係改善のために力を添えるよう激励した。

    関東日中平和友好会の新宅久夫会長、撫順の奇蹟を受け継ぐ会の姫田光義会長、不戦兵士市民の会の中島五郎理事、日中友好8・15の会の日森文尋常任幹事ら団体代表がそれぞれあいさつし、次のように述べた。7月7日は日本の軍国主義が全面的侵略戦争を起こした日で、戦後70周年の重要なときこそ一層歴史を直視し、平和を大切にすべきだ。いま国内の一部勢力は侵略の歴史を否定し、再び軍事拡張の道を歩もうとしており、大いに警戒しなければならない。末端の民間団体であるわれわれは長年、草の根の交流を続け、日中友好・平和反戦活動を進めてきた。今後も平和憲法を守り、正義の力を結集し、歴史の流れに逆らう動きや間違った言動と断固戦っていく。日中友好8・15の会の沖松信夫代表幹事と不戦兵士市民の会の中島五郎理事は自らの戦争体験を語り、日本による侵略戦争が両国人民に苦難をもたらしたことを明らかにした。沖松代表幹事は、自分はかつて神風特攻隊員で、出征しようという時に日本の敗戦を迎え、戦後は遠藤三郎氏ら古い世代の友好的人々の導きの下に、戦争反対、日中友好の道を歩んできたと語った。中島理事はかつて中国を侵略した日本軍の一員であり、日本の敗戦後も頑なに抵抗したが、八路軍の捕虜となり、教育・感化されて真人間に生まれ変わったと述べ、さらに次のように強調した。日本には侵略戦争を否定する逆流があり、侵略戦争を反省し、真相を暴くことを「自虐史観」と中傷し、勢いを増してさえいる。かつて戦争を経験した者の多くは亡くなった。自分は残りの人生で侵略戦争の真相を後の世代に伝え続け、間違った歴史観と断固たたかい、より多くの人に平和と反戦の精神を伝えていく。

    「再生の大地―撫順戦犯管理所」合唱団が反戦の歌をうたった。この合唱団は2011年に一般市民が立ち上げたもので、団員の中には大学教授もおれば主婦もおり、視覚障害者もおれば、タクシー運転手もいる。余暇を利用して練習し、撫順戦犯管理所で日本の戦犯が改造された史実を舞台に乗せている。合唱団は日本各地で公演し、中国共産党と政府が日本の戦犯を改造した人道主義政策を日本語で感動的にたたえ、「鬼」から「人」への改造を高らかに謳いあげ、不慣れな中国語で「前のことを忘れず、後の戒めとする」歌声をあげ、歴史を忘れず、犯罪を認めるよう呼びかけた。公演は大きな感動を呼び、涙を流す人もいる。

推荐给朋友
  印刷 全文印刷