ホームページ 大使館案内 中日関係 経済協力 科学技術協力 文化交流 領事業務 教育と留学生交流 中国紹介 メディア案内 中国出入国関連情報 日本見聞
程永華駐日大使,日中友好協会創立65周年祝賀会に出席
2015/06/26

    6月18日、程永華駐日中国大使は日中友好協会創立65周年祝賀会に出席した。これには日中友好協会の丹羽宇一郎新会長、中根一幸外務政務官、野中広務自民党元幹事長、山口那津男公明党代表、横路孝弘民主党最高顧問・元衆議院議長、吉田忠智社民党党首、東京都日中友好協会の宇都宮徳一郎会長など日本の政界、友好団体、各地域の日中友好協会代表ら100人余りが出席した。中国大使館からは劉少賓公使、郭燕・公使および各部の責任者が参加した。

    程永華大使はあいさつの中で日中友好協会創立65周年を祝うとともに、日中友好協会が両国民間友好の「金看板」として、中日関係の再建、改善、発展に重要な貢献をしたことを積極的に評価した。程大使は丹羽氏の会長就任に祝意を示し、また加藤紘一前会長が在任中、両国関係が複雑で困難な局面に直面する中、中日友好事業のために積極的な役割を果たしたことに感謝した。さらに丹羽会長の指導の下、日中友好協会は引き続き民間をリードする役割を果たし、日本各界の友好勢力を結集して、両国関係が持続的に改善に向かうために寄与するよう期待していると述べた。

    程大使は次のように述べた。昨年11月、中日双方が両国関係の処理と改善について4項目の原則的共通認識を得て、両国の指導者が北京とジャカルタで相次いで会見し、両国関係は数年間の困難な局面から正常な軌道に戻った。現在、中日関係は改善に向けて踏み出したが、全体的に依然として複雑かつ敏感な情勢となっている。日本側が両国関係の得難い改善の局面を大事にするよう希望する。第一に4項目の原則的共通認識と両国指導者の会見を踏まえ、引き続き互いに歩み寄り、敏感な問題を適切に処理し、政治面の相互信頼を徐々に築き、積み上げる。第二に互いを客観的、理性的に認識し、中日の第4の政治文書にある「互いを協力パートナーとし、互いに脅威とならず、互いに相手方の平和的発展を支持する」という共通認識を具体的実践の中で実現し、社会の共通認識にする。第三に各分野の交流と実務協力を大いに進め、両国民の相互理解と友好的感情を絶えず深める。

    程大使はまた次のように述べた。1カ月余り前、日中友好協会は南京で全国各地の会員代表と日本の大学生200人余りが参加する南京城壁修復20周年記念行事を成功させた。南京城壁修復を呼びかけた平山郁夫先生の「歴史を銘記し、未来に向かい、次世代を教育する」理念を実際の行動で実践した。この活動は第二次世界大戦終結70周年の今日、重要な現実的意義がある。前のことを忘れず、後の戒めとしなければならない。日中友好協会の努力の下、歴史に正しく向き合う姿勢が日本社会の広範な共通認識となり、日本が真に過去の重荷を下ろし、隣国と共に平和的発展をはかるよう期待している。

    程大使はさらに次のように表明した。先月23日、習近平主席は北京で中日友好交流大会に出席し、重要な演説を行って、中日友好の土台は民間にあり、中日関係の前途は両国人民の手に握られており、中日両国人民が真に友好的で、徳をもって隣人に接するなら、必ず子々孫々続く友好を実現できるだろうと指摘した。習主席の演説は両国関係にとっての民間友好交流の重要な意義を全体的に説明している。駐日中国大使館としても引き続き日中友好協会を含む日本各界の友好団体と連携を強め、両国の民間交流をすすめ、各分野での協力を深めていきたい。

    丹羽会長は次のようにあいさつした。日中関係の過去を振り返るとき、われわれは先輩指導者が数々の困難を克服して、1972年に「日中共同声明」を発表し、両国の国交正常化を実現した時の政治的知恵や粘りの精神を忘れてはならない。私は中国駐在大使在任中、幸いにも習近平主席とお会いして、日中両国は引っ越しのできない隣人であり、友好的に付き合うことが唯一の選択だという主席のことばに強く啓発された。現在両国関係改善の勢いは依然として弱く、いくつかの不確実要素を抱えているが、このような時であればあるほど、両国の国民一人ひとりの努力で日中友好をともにすすめる必要がある。「悪小なるを以ってこれを為すなかれ、善小なるを以って為さざるなかれ」、これは三国時代の劉備の名言だが、日中両国関係にもあてはまると思う。使命に背くことなく、日中友好協会の先頭にたち両国各界の友好勢力と一緒に「民で官を促す」栄えある伝統を継承、発揚して、各分野の友好交流と実務協力を続け、日中関係の持続的改善と両国国民の代々の友好のためにたゆまず努力したい。

    中根外務政務官はあいさつで次のように述べた。日中関係は日本の最も重要な二国間関係の一つだ。両国の指導者は昨年11月に続き、今年4月ジャカルタで再び会談して、引き続き各分野での交流を進め、両国国民の相互理解を深め、日中関係の持続的改善・発展をはかることで合意した。先月、習近平主席は北京で日中友好交流大会に出席して重要演説を行った。日本政府としてはこれに積極的に応え、中国側と共に努力し、日中友好協会など両国各界の友好団体が民間交流をよりよくすすめるのを強力に支援し支持していきたいと述べた。

推荐给朋友
  印刷 全文印刷