王毅氏,北京ー東京フォーラム開幕式であいさつ
2020/11/30

 中国の王毅・国務委員兼外相は30日、第16回「北京―東京フォーラム」の開幕式でビデオを通じあいさつした。

 王氏は次のように述べた。新型コロナウイルス肺炎感染症によって世界各国が人類は運命がつながった共同体であると深く感じ、また中日両国人民の伝統的友好があらためて示された。民間友好は常に中日関係発展の重要な礎石である。しかし、現在両国民の感情にギャップが見られ、われわれは重視し、深く考える必要がある。

 王氏は次のように強調した。情報化、インテリジェント化の新時代にあって大衆ソーシャルメディアは両国民が互いに知り合い、感情面の互いの働きかけで重要な役割を果たし、また特別な責任を担っている。両国メディアに対し次のように提案したい。1、真実を追求する。相手方の国を報道する際は実際の状況を完全に示す。2、善意を伝える。両国の社会制度と理念の違い、差異を越えて、より包摂・友好親善の態度で、両国人民のより良い相互理解を促し、より一層互いに知るよう図らなければならない。3、未来を共に築く。両国メディアは高所に立って将来を展望し、未来を見据え、中日協力のプラスのエネルギーを結集し、アジアと世界の発展の新たなビジョンを示すことを希望する。

 フォーラムは2005年に創設され、毎年1回、北京と東京で交互に開かれている。両国間のレベルが比較的高く、規模が比較的大きな官民相互作用の交流プラットフォームで、今回のテーマは「コロナ後の国際秩序と中日両国の役割」。