王毅氏,福田康夫元首相と会見
2020/11/25

 日本を公式訪問している中国の王毅・国務委員兼外相は25日、東京で福田康夫元首相と会見した。

 王氏はまず福田氏が先頭に立って設立した「アジア共同体文化交流機構」の始動に祝意を表し、中日の民心の通い合い促進と両国関係の改善後押しに積極的に貢献すると信じていると表明した。王氏は次のように述べた。近年、中日関係は正常な軌道に戻り、持続的に発展しており、双方が共に大切にし、維持しなければならない。新たな情勢の下、中国は日本と共に努力し、中日間の四つの政治文書と4項目の原則的共通認識の精神の厳守を踏まえ、両国指導者の重要な共通認識を実行に移し、相互信頼を増進し、新時代の要請にかなう中日関係の構築を進めることを願っている。中日はアジア太平洋地域協力問題で意思疎通と協調を一段と強化し、地域の繁栄と振興に共に尽力することができる。日本が中国の発展によるチャンスを捉え、中国の発展によるボーナスをより多く共有することを歓迎する。

 福田氏は次のように述べた。中国は近年、極めて大きな発展の成果を得た。また新型コロナ感染予防抑制で真っ先に重大な成果を収めた。日中は共に重要な影響力のある国で、発展・安定の日中関係と日中間の交流・協力深化は地域と国際社会にとって重要な意義がある。最近、日中は経済、文化などの分野で多くの民間オンライン交流活動が行われており、私個人と「アジア共同体文化交流機構」は日中両国人民の友好促進のため積極的役割を果たしたい。