ホームページ 大使館案内 中日関係 経済協力 科学技術協力 文化交流 領事業務 教育と留学生交流 中国紹介 メディア案内 中国出入国関連情報 日本見聞
李克強副総理,枝野経済産業大臣と会見
2011/11/27
 

 李克強国務院副総理は26日、人民大会堂で、第6回中日省エネルギー環境総合フォーラムに出席した日本の枝野幸男経済産業大臣一行と会見した。

 李副総理は次のように述べた。中国と日本は共に世界と地域の重要な国であり、両国関係を発展させることは双方の利益にかなうだけでなく、世界、特にアジア太平洋地域の平和・発展と安定にも資する。先ごろ、胡錦涛主席、温家宝総理と野田佳彦首相は国際的場で何度も会談、接触し、中日の戦略的互恵関係を一層深めることについて重要な共通認識〈合意〉に達した。双方は中日国交正常化40周年記念を契機に、官民挙げて、各段階・分野の対話、交流と協力を一段と強化し、相互信頼を深め、両国関係の長期的、健全で、安定した発展をはかるべきである。

 李副総理は次のように指摘した。経済・貿易分野の中日協力は二国間関係を構成する重要な部分である。両国の経済は補完性が強く、協力を一段と広げることには、堅固な基礎と巨大な潜在力がある。双方は世界経済のタイプ転換のすう勢と両国経済の実情から出発し、グリーン低炭素、循環型経済、エネルギー資源、ハイテクなどの分野の交流・協力を強化し、協力の中身をたえず豊富にし、協力の新しい核をつくって、両国の経済が発展し、人民が恩恵を受けるようにすべきである。

 枝野大臣は、中国側と共に、両国関係を発展させ、各分野の協力を深めるため、積極的に努力したいと表明した。

 会見には張平・国家発展改革委主任が同席した。

(北京11月26日発新華社)

推荐给朋友
  印刷 全文印刷