ホームページ 大使館案内 中日関係 経済協力 科学技術協力 文化交流 領事業務 教育と留学生交流 中国紹介 メディア案内 中国出入国関連情報 日本見聞
中日韓協力で四つの見解表明温首相が共同記者会見
2008/12/13

 

    中日韓首脳会議が13日午後、日本の福岡で開かれた。会議終了後、温家宝中国首相、麻生太郎日本首相、李明博韓国大統領が共同記者会見を行った。温家宝首相は中日韓協力について四つの見解を表明した。

    第一、中日韓3国は隣国で、また東アジアの重要な影響力をもつ国である。平和・友好、協力・発展は3カ国人民の共通の願いで、地域の安定・繁栄に必要なものでもある。今回の首脳会議で発表された「3国間パートナーシップに関する共同声明」が3カ国のパートナーシップを確立するとともに、3カ国首脳の単独での会議開催を制度化したことは重要な意義があり、中日韓協力が新たな段階を迎えたことを示している。来年は中国で次回の3カ国首脳会議が開かれるが、中国は次の中日韓協力調整国として、日本、韓国と共に努力して、3カ国の協力を一層大きく進展させたいと考えている。

    第二、目下、国際的金融危機はなお広がり、世界経済への影響が日増しにはっきり現れている。アジアひいては全世界の重要な経済体である中日韓は、この百年に一度という危機への共同対応を協力の第一の任務とし、マクロ経済政策の対話と協調を強め、東アジアの財政・金融協力を促進し、着実な措置を講じて貿易・投資の円滑化をはかり、保護貿易主義に反対すべきである。これは金融の安定を守り、経済の発展を促し、地域ひいては世界に危機対応の自信をもたせるのに積極的役割を果たすにちがいない。

    第三、中日韓協力は東アジア協力の有機的な一部分であり、開かれた、ウィンウィンの協力である。3カ国協力は東アジアなどの地域的協力の仕組みと相互に補完、促進、支持しあい、発展のチャンスを共有するとともに、お互いの発展のより大きい余地を与えている。今回の首脳会議で採択された「3国間防災協力に関する共同声明」と今後2―3年の「中日韓行動計画」は3カ国協力の中身を充実させ、また東アジアの地域協力に新たな活力を注いだ。この意味から言って、中日韓が協力を深めることは、3カ国の利益に合致するだけでなく、東アジア諸国にとっても有益である。

    第四、二国間関係の強化は中日韓協力の基礎と保障である。きょう私はそれぞれ麻生首相、李明博大統領と二国間会談を行い、二国間関係と共に関心をもつ問題について率直で、突っ込んだ話し合いを行い、共通認識を拡大し、相互信頼を増進した。中国が戦略的見地と長期的視点から、日本、韓国との友好協力関係の発展を重視し、中日、中韓両国人民間の友情を大切にしていることを重ねて表明したい。

    温家宝氏はさらに、互いに尊重し、平等に付き合い、小異を残して大同に付き、互恵協力を進めれば、われわれは必ず強固で安定したパートナーシップを築き上げ、3国人民に一層よく幸福をもたらし、地域の平和と発展に一層大きく貢献できるものと信ずると述べた。

    (福岡12月13日発新華社)

 

推荐给朋友
  印刷 全文印刷