ホームページ 大使館案内 中日関係 経済協力 科学技術協力 文化交流 領事業務 教育と留学生交流 中国紹介 メディア案内 中国出入国関連情報 日本見聞
李克強副首相、日中経済協会代表団と会見
2008/09/24

    中国の李克強共産党中央政治局常務委員・副首相は 23日、北京の人民大会堂で張富士夫会長を団長とする日中経済協会代表団と会見した。

    李克強氏は、日中経済協会は両国の経済・貿易分野の協力と中日関係の発展に重要な貢献をしていると高く評価するとともに、中国の汶川震災救援に対する日本各界の貴重な援助に感謝を表明した。また次のように述べた。近年、中日関係の改善・発展の勢いが強まっている。中国は日本と共に両国間の四つの政治文書の導きの下、中日の戦略的互恵関係を持続的に深く発展させることを願っている。

    李克強氏は次のように指摘した。中国は現在、近代化の過程にあり、市場の見通しが明るく、生産要素が充足し、経済成長の潜在力が非常に大きい。中国政府は引き続き的を絞ったコントロール措置をとり、マクロ経済の安定を維持し、経済の長期的な、安定した、比較的速い発展をはかる。現在の国際経済・金融情勢に目を向け、両国経済界は経済・貿易・投資、省エネ・環境保護、ハイテク、中小企業各分野の協力を一層深め、拡大し、新たな協力のポイントをつくり、互恵・ウィンウィン(共に勝者になる)を実現し、共に発展し、アジアと世界の経済の安定した成長と繁栄・発展に貢献しなければならない。

    張富士夫団長は、日中経済協会は今後も両国の経済・貿易協力の促進、強化に努め、日中友好増進のために努力を続けると表明した。

    (北京9月23日発新華社)

推荐给朋友
  印刷 全文印刷