ホームページ 大使館案内 中日関係 経済協力 科学技術協力 文化交流 領事業務 教育と留学生交流 中国紹介 メディア案内 中国出入国関連情報 日本見聞
福田首相が論語談義 于丹北京師範大教授と会見
2008/01/31

 

 日本の福田康夫首相は30日、講義のため来日した北京師範大学の于丹・教授と会見し、両国国民に馴染みの深い「論語」について語り合った。これには孔鉉佑中国駐日大使館公使、孔健・チャイニーズドラゴン紙編集長、荒井広幸参議院議員が同席した。

 福田首相は、われわれの年代は中学校で「論語」を学んでおり、当時は「論語」のカリキュラムもあったと語った。そして、「論語」の説く人の道は現代の中国人と日本人にとってぜひとも学ぶ必要のあるものだとの考えを示し、日本でも「論語」に関する多くの本が出ている、于教授が度々日本に来られるよう希望すると述べた。

 首相が中国でも「論語」ブームが起きているかと尋ねたのに対し、于教授は、昨年、中国の儒学に対する関心は以前を上回っていたと言うべきだと答え、中国では「論語」を通じた人が多く、私が簡単に説明するだけで、誰もが理解してくれると述べた。さらに次のように話した。中国の市民はみな福田首相のことをよく知っている。首相は昨年12月わざわざ曲阜の孔子廟を訪れたことで中国国民から尊敬されている。また中国の市民はそのことによって孔子を一層重視するようになった。

 于教授はサイン入りの中国語版「論語心得」と日本語版「論語力」を福田首相に贈呈するとともに、本の扉にそれぞれ「四海の内、皆な兄弟也」(中国語版)、「仁者は人を愛す」(日本語版)という孔子の言葉を書いた。同時に、自分の書を贈った。内容は「礼之用、和為貴」(礼は和をもって貴しとなす)。

 于教授は会見の後、次のように話した。この数日、秋田と沖縄を訪れて、田舎で40年間「論語」を教えている先生に会った。またある眼科医院の院長は家伝の「論語」を取り出してみせてくれた。若い女の子でさえ、中学で「論語」を勉強している。日本で儒学がよく知られていることにびっくりした。日本は中国以外で唯一、「論語」を漢字で解説できる国だ。出来るだけ多く日本にきて、文化交流を進めたい。

 (東京08年1月30日発新華社)

 

 

推荐给朋友
  印刷 全文印刷