ホームページ 大使館案内 中日関係 経済協力 科学技術協力 文化交流 領事業務 教育と留学生交流 中国紹介 メディア案内 中国出入国関連情報 日本見聞
曽慶紅副主席、二階俊博経済産業相と会見
2006/04/23

 

 中国の曽慶紅国家副主席は22日、海南省博鰲で博鰲アジアフォーラム2006年年次総会に出席している日本の二階俊博経済産業相と会見した。双方は中日関係および共に関心を寄せる問題について率直かつ突っ込んだ意見交換を行った。

 曽副主席は次のように強調した。中日両国は一衣帯水で、2000年の友好交流の歴史があり、また不幸な歴史もあった。両国が友好協力を続けることは、両国とアジアひいては世界にとって重要な意義がある。中国政府と人民は中日関係を非常に重視している。中日関係は現在、困難に直面しているが、責任は中国側にはなく、日本人民にもない。胡錦涛主席は先の日中友好7団体の責任者との会見で、中日関係を改善し、発展させる中国側の立場と主張を全面的に説明しており、われわれは日本側が真剣に対応するよう希望する。

 二階氏は次のように表明した。日中関係は非常に重要で、双方は共に努力して友好協力を強化しなければならない。日本は環境保護、省エネ、知的財産権保護、観光などの面で中国と緊密に交流、協力することを願っている。

 (博鰲4月22日発新華社)

推荐给朋友
  印刷 全文印刷