中日高級事務レベル海洋協議団長協議が開催
2021/06/04

   

    2021年6月3日、洪亮中国外交部辺境海洋事務司長と船越健裕日本外務省アジア大洋州局長と、ビデオ方式で中日高級事務レベル海洋協議団長協議を行った。

    双方は海洋関連の問題について突っ込んだ意見交換をし、東中国海の平和·安定の重要性を強調し、両国指導者の合意および4項目の原則的共通認識を全面的に実行し、引き続き対話と協議を通じて、相違点と意見の食い違いを適切に管理し、双方の海洋関連部門の人的交流を強め、防衛、捜索救助、漁業などの分野における海洋協力を着実に推進し、東中国海情勢の安定を維持するため、建設的な努力をすると一致した。中国側は釣魚島問題における厳正な立場を再び表明し、日本側に中国側の領土主権および海洋権益を切実に尊重するようと求めた。中国側は福島原発汚染水処理問題に懸念を示し、日本側に責任ある態度で当該問題を慎重に処理するようと求めた。双方は引き続き、意思疎通および接触を保つことで一致し、今年後半の適切な時期に新しいラウンドの中日高級事務レベル海洋協議を開催すると合意した。