ホームページ 大使館案内 中日関係 経済協力 科学技術協力 文化交流 領事業務 教育と留学生交流 中国紹介 メディア案内 中国出入国関連情報 日本見聞
習近平氏,安倍首相と会見
2019/06/28

大阪6月27日発新華社電によると、中国の習近平国家主席は同日、大阪で日本の安倍晋三首相と会見した。

習氏は次のように指摘した。現在、世界はこの百年なかった大きな変動の中にあり、グローバルガバナンス体系の再編が深まり、国際的枠組みが急速に変化している。中日両国はますます多くの利益と関心を共にしている。今年は中華人民共和国成立70周年で、日本も令和の時代に入った。われわれは新時代の要求にかなった中日関係の構築に共に尽力し、中日関係を世界平和擁護と共同発展促進の重要なプラスの要素にしなければならない。

習氏は次のように強調した。双方は中日間の四つの政治文書で確立された各原則を常に厳守し、中日の「互いに協力パートナーとなり、互いに脅威とならない」政治的共通認識を実行に移し、相互信頼を増進し、中日関係を常に平和、友好、協力の正しい軌道に沿って持続的に前進、発展させなければならない。経済貿易、投資、第三国市場、技術革新など幅広い分野の協力を深め、新たな協力の成長ポイントを築き、地域の経済統合を積極的にリードしなければならない。われわれは日本企業が対中協力を積極的に拡大し、中国の発展による新たなチャンスを共有することを歓迎する。「一帯一路」共同建設のイニシアチブは中日互恵協力のための大きな天地を開いた。日本の積極的参加を歓迎する。双方は人文〈人と文化〉面の結びつきを強め、両国の青少年交流を強化し、両国民が互いに知り合い、親しくなるよう促さなければならない。私は中日ハイレベル人文交流協議メカニズムの年内始動に賛同する。矛盾や意見の相違を対話と協議を通じ建設的にコントロールし、外交・安全保障分野の対話を強化し、二国間の建設的安全保障関係を築かなければならない。日本がこれまでの共通認識と約束を守り、歴史など敏感な問題を適切に処理し、東中国海の平和と安定を共に守ることを希望する。中日は国際・地域問題で意思疎通、協調、協力を強化し、グローバルな挑戦〈課題〉に共同で対応し、グローバルガバナンスをより公正で合理的なものにすべきである。中国は日本の20カ国・地域グループ〈G20〉首脳大阪サミットの開催を支持し、サミットが多国間主義と自由貿易を守る明確な声を発信し、世界経済の発展のために安定した予測と原動力を注入することを期待する。

安倍氏は次のように表明した。習近平主席のG20大阪サミット出席を心から歓迎し、日本の開催に対する支持に感謝する。中国との協力を強化し、サミットを前向きの成果を収めるものにしたい。

安倍氏は次のように述べた。日中関係が正常な発展の軌道に戻り、うれしく思っている。日本は「日中平和友好条約」など両国間の重要な政治文書を順守し、「競争を協調に変え、互いに協力パートナーとなり、互いに脅威とならない」共通認識に従い、中国と引き続き共に努力し、新時代の要求にかなった日中関係を築き、その長期的、安定的発展を確実することを願っている。両国は緊密なハイレベル往来・対話を続ける必要があり、私は日本政府を代表し、習近平主席の来年春の国賓としての日本訪問を招請する。両国関係をさらなる高みに押し上げたい。日本は両国の経済貿易、投資、金融、イノベーションなどの分野の協力拡大を希望する。双方の企業のために公平、オープン、透明で、差別のない市場環境を互いに提供することを願っている。両国民の友好交流を奨励し、今年の青少年交流促進年をしっかり開催し、国民感情を盛り上げなければならない。日本は中国と共に関係の敏感な問題を適切に処理し、東中国海などの面の矛盾や意見の相違を有効にコントロールすることを願っている。さまざまなグローバルな問題と挑戦に直面し、各国は手を携えて対応しなければならない。日本は中国が果たしている重要な役割を重視しており、中国との意思疎通と協力を強め、共に自由で公平な貿易体制を守り、世界の平和と安定の促進のため、より大きな責任を担うことを期待している。

双方はまた朝鮮半島情勢などの問題について意見を交換した。安倍氏は習近平主席の先の朝鮮訪問を高く称賛し、訪問が半島の平和・安定の後押しに重要で建設的な役割を果たしたとの認識を示した。

会見後、安倍氏は習近平氏のために歓迎夕食会を開いた。

丁薛祥、劉鶴、楊潔チ〈竹かんむり+褫のつくり〉、王毅、何立峰の各氏が一連の活動に参加した。

推荐给朋友
  印刷 全文印刷