ホームページ 大使館案内 中日関係 経済協力 科学技術協力 文化交流 領事業務 教育と留学生交流 中国紹介 メディア案内 中国出入国関連情報 日本見聞
栗戦書氏,日本参院代表団と会見 今年は中日関係発展でチャンス
2019/05/18

   中国全国人民代表大会(全人代、国会に相当)の栗戦書常務委員長は18日、北京の人民大会堂で日本参院代表団と会見した。代表団は中国全人代と日本参院の定期交流メカニズム第8回会議に出席のため訪中した。

   栗氏は次のように述べた。中日は隣国同士で、両国の平和友好協力は両国人民に幸福をもたらしているだけでなく、地域ひいては世界の平和、安定、発展に重要な貢献をしている。この1年、習近平主席と安倍首相は3回会談し、重要な共通認識に達し、中日関係が正しい軌道に戻るようリードした。今年は中日関係の一層の改善・発展にとって重要なチャンスの年である。双方は両国指導者の共通認識を実行に移し、戦略的安全保障面の相互信頼を増進し、経済、文化、若者の交流などの実務協力を広げ、中日関係を前進、発展させなければならない。中国全人代は日本国会との交流・協力を強化し、中日関係の発展促進のためより大きく貢献したいと願っている。

   代表団の二之湯智団長らは、日本の国会は中国全人代との交流を強化し、相互理解を増進し、日中の善隣友好のためより一層働きたいと表明した。

   会見に曹建明氏が同席した。

推荐给朋友
  印刷 全文印刷