ホームページ 大使館案内 中日関係 経済協力 科学技術協力 文化交流 領事業務 教育と留学生交流 中国紹介 メディア案内 中国出入国関連情報 日本見聞
楊潔チ国務委員が岸田文雄外相と会談
2017/06/05

楊潔チ国務委員は30日、日本の岸田文雄外相と東京で会談した。新華社が伝えた。

楊氏は「中日双方は『歴史を鑑として未来に向かう』精神に基づき、チャンスを捉え、両国関係の積極的要素の拡大、消極的要素の除去に努力し、4つの基本文書と4つの共通認識を踏まえ、同じ方向に向かい、妨害を排除し、穏やかで長期持続的な両国関係を推進するべきだ」と指摘。

「中日関係の安定・改善を実現するには、敏感な問題を適切に処理しなければならない。日本側は誠実に約束を守る姿勢に基づき、4つの基本文書と4つの共通認識の精神の通りに、歴史問題や台湾問題など中日関係の政治的基礎に関わる重大な原則的問題を慎重かつ適切に処理し、両国関係の政治的な基礎を維持するべきだ。双方が4つの共通認識の精神に照らして、対話を強化し、溝を管理・コントロールし、東中国海の平和・安定を共同で維持することを希望する」と強調した。

岸田氏は「日中国交正常化から今年で45年、日中平和友好条約締結から来年で40年であり、日中関係の発展は重要なチャンスを迎えている。中国側と共に努力して、両国関係の肯定的側面を拡大したい。各レベルの交流と対話を緊密化し、中国側との政治的相互信頼の強化、実務協力の深化、民間交流の促進に尽力したい」と表明した。

双方は朝鮮半島核問題について意見交換。楊氏は中国側の原則的な立場と主張を重ねて表明。「国際社会は朝鮮半島の非核化推進を堅持、強化すると同時に、対話促進を強化し、最終的に朝鮮半島核問題の平和的解決を後押しする必要がある」と強調した。

推荐给朋友
  印刷 全文印刷