ホームページ 大使館案内 中日関係 経済協力 科学技術協力 文化交流 領事業務 教育と留学生交流 中国紹介 メディア案内 中国出入国関連情報 日本見聞
李克強総理が日本の谷内国家安全保障局長と会談
2016/08/26

    李克強総理は25日、第3回中日ハイレベル政治対話のため訪中した日本の谷内正太郎国家安全保障局長と人民大会堂で会談した。新華網が伝えた。

    李総理は「現在中日関係は改善基調にあるものの、依然として非常に脆弱だ。双方は終始両国関係の戦略的大局に着眼し、中日間の4つの基本文書を堅持し、『歴史を鑑として未来に向かう』精神に基づき、積極的要素を積み重ね、消極的要素を減らし、中日関係を正常な発展の道に戻すよう努力すべきだ」と表明。

    「来年は中日国交正常化45周年、再来年は中日平和友好条約締結40周年だ。双方がチャンスをしっかりと捉え、両国間の様々な新しい問題、古くからの問題を適切に処理し、交流と協力を着実に推進し、両国関係の安定・改善基調を維持することを希望する。戦略面では積極的で友好な政策を遂行することを希望する。日本側が正しい対中認識を真に確立し、中国の発展をチャンスと見なすとの姿勢表明を実行に移すことを希望する。行動面では摩擦や溝を適切に管理・コントロールすること、とりわけ海洋問題で周辺海域の平和と安定を維持することを希望する」と述べた。

    谷内国家安全保障局長はまず、安倍晋三首相から李総理への書簡を読み上げた。安倍首相は書簡で「日本側は日中戦略的互恵関係構築の考えに基づき、双方に恩恵をもたらす安定した日中関係を中国側と共に構築することを望んでいる。G20杭州サミットの成功を祝う。また、このために中国側との協力を強化したい」と表明した。

    谷内国家安全保障局長は「日本側は両国のハイレベル交流と制度化された意思疎通を強化し、東中国海の摩擦と溝を管理・コントロールし、海洋の平和と安定を維持することを希望する。来年の日中国交樹立記念、再来年の条約締結記念を契機に、双方の交流を一層深化したい」と表明した。

推荐给朋友
  印刷 全文印刷