ホームページ 大使館案内 中日関係 経済協力 科学技術協力 文化交流 領事業務 教育と留学生交流 中国紹介 メディア案内 中国出入国関連情報 日本見聞
習近平主席,安倍晋三首相と会見
2014/11/11

    習近平国家主席は10日、日本側の要請に応じ、北京の人民大会堂で、アジア太平洋経済協力会議(APEC)非公式首脳会議出席のため訪中した日本の安倍晋三首相と会見した。

    習主席は次のように表明した。中国と日本は隣同士で、両国関係の安定した順調な発展は、両国人民の根本的利益に合致し、国際社会の普遍的期待に合致する。中国政府は一貫して対日関係を重視しており、中日の四つの政治文書を基礎に、歴史を鑑とし、未来に向かう精神にのっとり、中日関係を前進させるよう主張している。

    習主席は次のように指摘した。この2年、中日関係に重大な困難が生じたことの理非曲直ははっきりしている。双方はすでに中日関係の処理と改善について四つの原則的共通認識(コンセンサス)を発表しており、日本側が共通認識の精神にしっかり従って問題を適切に処理するよう希望する。そして習主席は、歴史問題は13億余の中国人民の感情にかかわり、地域の平和、安定、発展の大局と関連しており、日本は中日の二国間政治文書および「村山談話」など歴代政権の約束を誠実に守ってはじめて、アジアの隣国と未来志向の友好関係を発展させることができると強調した。

    習主席はさらに、次のように指摘した。安定した、順調な中日関係を築くには、時代の進歩の流れに沿わなければならない。日本が引き続き平和の道を歩み、慎重な軍事安保政策をとり、隣国との相互信頼増進に役立つようなことをもっとやり、地域の平和・安定を守るため建設的な役割を果たすよう希望する。

    これに対し安倍首相は次のように表明した。中国の平和的な発展は日本、世界にとって重要なチャンスだ。日本側は双方の間で得られた四つの原則的共通認識を実行に移し、問題を適切に解決し、これを新たなスタート地点に、日中の戦略的互恵関係の改善、発展をはかることを願っている。日本は引き続き平和の道を歩む決意であり、現政権は歴代政権の歴史問題における認識を引き続き貫いていく。日本側は中国側がAPEC首脳会議を成功させることを支持する。

    会見には楊潔チ(竹かんむり+褫のつくり)国務委員が同席した。

推荐给朋友
  印刷 全文印刷