ホームページ 大使館案内 中日関係 経済協力 科学技術協力 文化交流 領事業務 教育と留学生交流 中国紹介 メディア案内 中国出入国関連情報 日本見聞
政協第11期全国委第5回会議開幕 賈慶林主席が活動報告
2012/03/05
 

 

 中国人民政治協商会議(政協)第11期全国委員会第5回会議が3日午後、北京の人民大会堂で開幕した。今後10日間、各党派・団体および各民族・各界から集まった政協全国委員が国家の経済と人民の生活にかかわる重大な問題をめぐって、政治協商、民主的監督、参政・議政の職務を遂行することになる。

 賈慶林政協全国委主席、王剛、廖暉、杜青林、ペパラ・ゲレナムジェ、白立忱、陳奎元、アブレト・アブドルシット、李兆シャク(火に卓)、黄孟復、董建華、張梅穎、張榕明、銭運祿、孫家正、李金華、鄭万通、鄧樸方、万鋼、林文イ(さんずい、けものへんに奇)、厲無畏、羅富和、陳宗興、王志珍、何厚カ(かねへんに華)の各副主席がひな壇の前列に着席した。

 党と国家の指導者胡錦涛、呉邦国、温家宝、李長春、習近平、李克強、賀国強、周永康各氏がひな壇に着席し、会議開催に祝意を表した。

 政協第11期全国委第5回会議に出席すべき委員2262人のうち、2192人が出席、定足数に達していた。

 午後3時(日本時間4時)、王剛氏が開会を宣言し、全員が起立して、国歌を斉唱した。

 会議ではまず、政協第11期全国委第5回会議の議題が審議、採択された。

 賈慶林主席が政協第11期全国委員会常務委員会を代表して、活動報告を行い、次のように述べた。2011年は第12次5カ年計画(2011~15年)期のスタートの年だった。この1年、人民政協は愛国主義、社会主義の旗を高く掲げ、団結と民主の2大テーマを堅持し、時代の鼓動をつかみ、党と国家の活動の大局をしっかり押さえて、政治協商、民主的監督、参政・議政の機能を真剣に果たし、英知と力を幅広く結集して科学的発展に奉仕し、各当事者の関係を積極的に調整して社会の調和をはかり、自らの強みを十分に発揮して文化建設を推進し、「12・5」計画の実施、小康社会〈暮らしぶりにわりあいゆとりのある社会〉の全面建設という新たな勝利の獲得のために重要な貢献をした。人民政協の事業は盛んな生気と活力を示している。

 賈慶林主席は思想・理論建設を強化する、中国の特色ある社会主義の道を歩む自覚と不動性を着実に強める、主題・主軸をしっかり押さえて協議・論議し、経済の安定した比較的速い発展をはかるために努力する、文化建設をめぐって知恵と力を出し、社会主義文化の改革・発展を促進する、大衆との密接な結びつきという独特の強みを生かして、社会の調和・安定をはかる、広く力を結集し、香港マカオ、台湾同胞および海外僑胞との団結・懇親を強める、国際的交流・協力を拡大し、わが国の発展に資する良好な外部環境を積極的に築く、基礎固めの方針を堅持し、自身の建設を着実に強化、改善するという七つの面から過去1年の活動を総括した。

 賈慶林主席はまた、次のように強調した。2012年は「12・5」計画の前から後ろにつなぐ重要な年であり、中国共産党は重大で深遠な意義をもつ第18回全国代表大会を開催する。人民政協が担っている任務は重大で、責任は栄えあるものだ。われわれは使命をはっきり認識し、職務をしっかり果たし、つねに昂揚した、向上をめざす精神状態と開拓・進取の意気込みを保持し、党と国家の事業を発展させるためにしかるべき貢献をしなければならない。人民政協の今年の活動の全体的考え方は、第17回党大会と17期3、4、5、6中総の精神および中央経済工作会議の精神を全面的に貫き、あくまでも鄧小平理論と「三つの代表」〈先進的生産力発展の要請、先進的文化前進の方向、最も広範な人民の根本的利益の三つを代表すること〉の重要思想を導き〈指針〉にし、科学的発展観を掘り下げて貫徹実行し、団結と民主の2大テーマをしっかりつかみ、穏中求進〈安定の中で進歩を求める、前進をはかる〉という活動の全般的基調をしっかりつかみ、職務遂行能力を重点的に強化し、論議・提言の質を重点的に高め、社会への奉仕で成果をあげることを前面にだし、関係の調整、力の結集、提言献策、大局への奉仕という重要な役割をよりよく発揮し、優れた成績で中国共産党第18回全国代表大会の勝利の開催を迎えることである。

 林文イ氏が政協第11期全国委常務委を代表して、第11期第4回会議以降の提案活動の状況を報告した。この1年間、政協委員、政協の各参加団体と専門委員会が計6076件の提案を出し、審査のうえ、5603件が取り上げられた。2012年2月20日現在、その99・64%にあたる5583件の提案について回答がなされた。

 ひな壇にはさらに、王楽泉、王兆国、王岐山、回良玉、劉琪、劉雲山、劉延東、李源潮、汪洋、張高麗、張徳江、兪正声、徐才厚、郭伯雄、薄煕来、何勇、令計画、王滬寧、路甬祥、ウユンチムグ、韓啓徳、華建敏、陳至立、周鉄農、李建国、イスマイル・ティリワルディ、蒋樹声、陳昌智、厳雋琪、桑国衛、梁光烈、馬凱、孟建柱、戴秉国、王勝俊、曹建明の各氏が着席した。

 党中央、国務院関係省庁の責任者が開幕式に列席した。各国の中国駐在使節が招かれて開幕式を傍聴した。

(北京3月3日発新華社)

推荐给朋友
  印刷 全文印刷