ホームページ 大使館案内 中日関係 経済協力 科学技術協力 文化交流 領事業務 教育と留学生交流 中国紹介 メディア案内 中国出入国関連情報 日本見聞
曽慶紅副主席、ロシア内相と会見 台湾当局の決定は重大な挑戦と非難
2006/03/03

 

 中国の曽慶紅国家副主席は2日、北京の人民大会堂で中国公安部の招きで訪中しているロシアのヌルガリエフ内相と会見した。

 席上、「近年、中ロ関係は全面的に発展している。両国のハイレベルの交流が盛んで、各分野の協力が大きな成果をあげている。過去1年、中ロ関係はこれまでにないレベルに達した。両国の政治面の相互信頼が一層強まった。中ロの長期的、安定的善隣友好・互恵協力関係を発展させることは両国と両国人民の根本的利益にかない、地域および世界の平和、安全、安定に役立つものである」と述べた。

 曽副主席は台湾問題について、次のように述べた。最近、台湾当局が「国家統一委員会」と「国家統一綱領」の終了を決定しことは国際社会が広く堅持している一つの中国の原則と台湾海峡の平和と安定に対する重大な挑戦である。われわれは「台湾独立」を目指す分裂勢力とその活動に断固反対し、平和統一を目指して努力を続けるが、分裂勢力がいかなる名目、いかなる方法であれ台湾を祖国から切り離すことを決して許さない。ロシアが終始一つの中国の原則を堅持し、「台湾独立」の立場に反対していること、またロシアが声明を発表して、台湾当局の「台湾独立」行為を非難したことに感謝する。

 法執行協力について、曽副主席は次のように表明した。現在、国際情勢は大きく変化し、テロが世界の平和と安定を著しく脅かしている背景の下、両国のテロ取り締まり、法執行、安全保障面の協力は双方の共通の利益にかなうことである。中国政府は中国公安部とロシア内務省が実務協力を一段と強化し、連携して国際犯罪を摘発し、両国公民の生命、財産の安全と合法的権益を確実に守るのを支持する。

 ヌルガリエフ内相は両国の友好関係を高く評価し、中国公安部とロシア内務省が協力を一層強化し、国際犯罪取り締まりの有効をあげ、両国の安全と安定を守るため努力することを希望していると述べた。

 会見には周永康国務委員兼公安相が同席した。

 (北京3月2日発新華社)

推荐给朋友
  印刷 全文印刷