ホームページ 大使館案内 中日関係 経済協力 科学技術協力 文化交流 領事業務 教育と留学生交流 中国紹介 メディア案内 中国出入国関連情報 日本見聞
中ロ「長江ボルガ」地方協力理事会議長がビデオ対話
2020/10/14

 中国の王勇・国務委員とロシアのイーゴリ・コマロフ沿ボルガ連邦管区大統領全権代表は14日、共同議長を務め、中国長江中上流地域・ロシア沿ボルガ連邦管区地方協力理事会双方議長ビデオ対話を行った。

 王氏は次のように述べた。習近平主席とプーチン大統領は両国関係の力強い前進をけん引し、互いに支持、支援し、新時代の中ロ関係に戦略的内容を加えた。昨年5月の「長江ボルガ」地方協力理事会第3回会議以来、両地区間の経済・貿易などの分野の協力が良好で、協力の多くの成果を収めた。次のステップとして、両地区は両国元首の中ロ関係の新時代における位置付けと地方協力推進に関する重要な共通認識(コンセンサス)を実行に移し、協力の仕組みを整え、協力方式を刷新し、感染症対策協力と業務・生産再開を一段と促し、産業・資源などの分野の協力を深め、資金融通レベルを引き上げ、科学技術・人文〈人と文化〉交流を強化し、両地区の協力を絶えずより高いレベルに進めなければならない。

 コマロフ氏は中国の感染症対策の重大な戦略的成果と両地区協力の進展を高く評価するとともに、中国と共に両地区の経済・貿易、投資、人文、防疫などの分野でより多くの実務協力の成果を図りたいと表明した。

 中国湖南省、四川省とロシア・タタルスタン共和国、オレンブルク州の責任者がビデオ対話に参加し、地方協力強化の取り組みについて意見を交換した。

推荐给朋友
  印刷 全文印刷