ホームページ 大使館案内 中日関係 経済協力 科学技術協力 文化交流 領事業務 教育と留学生交流 中国紹介 メディア案内 中国出入国関連情報 日本見聞
習近平主席が2020年新年祝辞
2019/12/31

 新年を前に、中国の習近平国家主席は中央放送テレビ総局とインターネットを通じて、2020年の新年の祝辞を発表した。祝辞の全文次の通り。

 まもなく2020年を迎えるが、首都北京から皆さんに新年の祝福を送りたい。

 2019年に、われわれは汗水を流して収穫を迎え、まじめに働いて前に進んだ。質の高い発展を推し進め、わが国の国内総生産(GDP)は100兆元に近づき、国民一人当たり1万ドルの大台に乗る見込みだ。三大堅塁攻略戦で大事な進展がみられた。北京・天津・河北の協同による発展、長江経済ベルトの発展、粤港澳大湾区〈広東・香港・マカオ大ベイエリア〉の建設、長江デルタの一体的発展の加速ボタンが押され、黄河流域の生態系保護と質の高い発展が国家戦略となった。全国で340前後の貧困県のレッテルが剥がされ、1000万人余りの貧困脱却が実現した。嫦娥4号が人類史上初めて月の裏側に着陸し、運搬ロケット長征5号遥3の打ち上げに成功し、雪竜2号が初めて南極へ航海し、測位衛星北斗のグローバル・コンステレーションがラストスパート期に入り、5G商業運用が加速し、北京大興国際空港が「鳳凰の翼を広げた」……これらの成果は新時代の奮闘者の血と汗の結晶であり、並外れた中国の姿、中国の力を示している。

 この1年、改革・開放はたえず発展の活力を生み出した。党と国家の機構改革が滞り無く完了した。一群の自由貿易試験区と上海自由貿易試験区の新エリアが増設された。科創板〈科学技術イノベーション市場〉の運用が順調にスタートした。減税・費用引き下げ総額が2兆元を超えた。個人所得税の課税最低限が引き上げられ、庶民がよく使う多くの薬品が値下げされ、インターネットのスピードアップと料金引き下げで画面更新がより速くなり、ゴミ分類が低炭素生活の新たな流行をリードしている。「末端負担軽減年」によって末端幹部が身軽になった。神州の大地に目を放つと、いたるところに新しい変化、気運がみられる。

 この1年、国防と軍隊の改革が着実に進み、人民の軍隊が新時代の強軍の様相を示した。われわれは国慶節大閲兵〈軍事パレード〉を行い、海軍、空軍創設70周年の祝賀行事を催し、第7回ミリタリーワールドゲームズを開催した。初の国産空母が正式に就役した。人民の子弟兵は永遠に祖国防衛の鋼鉄の長城であり、故郷を守る忠実な衛士たちに敬意を表そうではなないか。

 2019年で最も忘れがたいのは新中国成立70周年を盛大に祝ったことだ。われわれは共和国70年の輝かしい成果に喝采し、愛国主義のハードコア力に震撼させられた。閲兵の方陣は勇壮で、大衆のパレードは意気軒昂とし、天安門広場は歓喜の海原と化した。大江〈長江をさす〉の南北が赤い盛装をまとい、人々の顔に誇らしげな笑みが溢れ、「私と私の祖国」の歌声が町々に響いた。愛国主義の感情がわれわれに熱涙を流させ、愛国主義の精神が民族の背骨を築いた。これらすべては、新中国を礼賛し、新時代に奮闘する前進の奔流となって、われわれに無限の力を与えている。

 この1年、私は多くの地方に行った。雄安新区はゆっくり絵巻が開かれ、天津港は活気を帯び、北京の副都心は生気が漲り、内蒙古の大草原は美しく、河西回廊は長い歳月を経て、ますます新しくなり、九曲の黄河は広々としてよどみなく流れ、黄浦江の両岸は物が多く民が豊で、きらめいている……祖国の各地は生き生きとした気運がみなぎっている。私は中国革命の征途に沿って初心に帰った。江西于都の赤軍の長征集結出発地から河南新県の湖北・河南・安徽ソビエト区首府革命博物館まで、甘粛高台の西路軍記念碑から北京香山の革命記念地まで、どの場所でも私の思いは千々に乱れた。初心と使命はわれわれが新時代の長征の道を歩むための尽きることのない原動力である。

 これまでのように、私はどんなに多忙でも、時間を見つけて村人たちの所を見て回らなければならない。みなは多くのことを語ったが、私はずっと肝に銘じている。雲南貢山のトールン族大衆、福建寿寧県下党郷の村人、「王傑分隊」の全兵士、北京体育大学院生チャンピオンクラスの学生、マカオの小さいお友達とボランティアの老人は私に手紙をくれた。私は返信でみなが収めた成果を評価し、また期待を表明した。

 この1年、多くの人と事がわれわれを感激させている。生涯功名を求めず、初心を変えなかった張富清、青春と生命を貧困脱却事業に捧げた黄文秀、山火事消火のため一身を捧げた四川木里の31人の勇士、自分の体で戦友を守った杜富国、11連勝でワールドカップに優勝した中国女子バレー……恨みも悔いもなく、懸命に献身した数多い無名の英雄、彼らは普通の人の平凡さで非凡な人生を記している。

 2019年に中国は引き続き両腕を広げて世界を抱擁した。われわれは第2回「一帯一路」国際協力サミットフォーラム、北京世界園芸博覧会、アジア文明対話大会、第2回中国国際輸入博覧会を主催して、世界に文明、開放、包摂の中国を示した。私は多くの国の元首や政府首脳と会談し、中国の主張を共有し、友情を深め、共通認識を掘り下げた。世界でさらにいくつかの国がわが国と国交を結び、わが国と国交のある国は180となった。われわれの友は天下にあまねくいる。

 2020年は里程標の意味をもつ1年だ。われわれは小康社会を全面完成させ、第一の百年の奮闘目標を実現する。2020年は貧困脱却の堅塁攻略の決戦決勝の年でもある。進軍ラッパはすでに吹き鳴らされた。われわれは万民心を一つにして頑張り、困難で危険であるほど前へ前へと進み、足りない部分をさらに着実に補い、基礎をさらにしっかり築き、貧困脱却の堅塁攻略戦に断固として勝利し、現行の基準下の農村貧困人口すべての貧困脱却、貧困県すべてのレッテル剥がしを予定通り実現しなければならない。

 数日前、私はマカオの祖国復帰20周年祝賀行事に出席し、マカオの繁栄安定ぶりに安堵した。マカオの成功の実践は、「1国2制度」が完全に通用し、実行でき、人心を得られることを示している。この数カ月、香港情勢にみなが心を痛めている。融和・安定の環境がなくて、どうして安らかに暮らし生業に励む故郷が得られよう。香港がよくなり、香港同胞がよくなることを心から希望する。香港の繁栄・安定は香港同胞の願いであり、祖国人民の希望でもある。

 歴史の長い河は休みなく滔々と流れ、風穏やかで波静かなこともあれば、波濤さかまくこともある。われわれは風雨をおそれず、険しさもおそれない。中国は平和的発展の道を揺るぎなく歩み、世界平和を揺るぎなく守り、共同の発展を促すだろう。われわれは世界各国人民と手を携え、積極的に「一帯一路」を共同で建設し、人類運命共同体の構築を図り、人類のよりよい未来のためにたゆまず努力することを願っている。

 いまこの時も、多くの人が持ち場を守り、多くの人が平安を守り、多くの人が働いている。皆さんご苦労さま。

 只朝夕を争わんの精神で、韶華〈素晴らしい時間.春を指すことが多い〉に背くことなく、共に2020年を迎えようではないか。

 皆さんどうぞ楽しい新年を!

推荐给朋友
  印刷 全文印刷