ホームページ 大使館案内 中日関係 経済協力 科学技術協力 文化交流 領事業務 教育と留学生交流 中国紹介 メディア案内 中国出入国関連情報 日本見聞
李克強総理,安倍首相と共同記者会見
2018/10/29

    中国の李克強(り・こくきょう)国務院総理は26日午前、北京の人民大会堂で日本の安倍晋三首相と共同記者会見を行った。

    李克強氏は会談の成果を紹介し、次のように述べた。中日関係が正常な発展の軌道に戻ったことは両国人民の中日平和友好、互恵協力、共同発展に対する期待を反映したもので、地域各国と国際社会の平和・安定を守り、手を携えて挑戦(試練)に対応する期待に沿ったものである。双方が今回の訪問を契機とし、一層互いに歩み寄り、共に努力し、粘り強く続け、両国関係が正常に発展する軌道に戻ったことを踏まえ、新たな発展を図ることを希望する。

    李克強氏は次のように指摘した。双方は中日間の四つの政治文書における諸原則を順守し、歴史、台湾問題を適切に処理し、両国関係の政治的基盤を守ることを一致して確認した。実際の行動で互いが協力パートナーとなり、互いに脅威とならず、相手方の平和的発展を互いに支持する政治的共通認識を体現し、意見の相違を建設的にコントロールする。良い相互作用を一層強化し、歴史を鑑とし、未来に向かう精神に従い、両国関係の改善・発展を持続的で不断のプロセスにする。

    李克強氏は次のように述べた。双方は、中日関係に対するハイレベルのけん引を強化し、引き続き中日ハイレベル政治対話、中日経済ハイレベル対話などのルートを使って意思疎通を続けることで一致し合意した。現在、新たな産業革命を迎え、中日はそれぞれの比較優位を生かし、より高いレベルで実務協力を進め、技術革新(イノベーション)、省エネ・環境保護、高齢者介護・医療、財政・金融など各分野の協力を推進し、引き続き外交、マクロ経済、財政、ビジネス、文化、防衛など各部門間の対話・交流を続けなければならない。人文(人と文化)交流を一段と強化し、来年を「中日青少年交流促進年」とし、オリンピック大会の相次ぐ開催を契機とし、交流・協力を強化することで合意した。現在の国際情勢の下、自由貿易を共に守り、保護主義に反対し、中日韓自由貿易圏と東アジア地域包括的経済連携(RCEP)の交渉を加速し、実際の行動でアジア太平洋経済統合プロセスを推進する。

    安倍氏は次のように述べた。この半年間に私と李克強総理は相互訪問を実現した。日中関係は競争から協調への新時代に入った。双方は互いに隣国で、協力パートナーで、互いに脅威にならない原則をあらためて確認し、具体的な行動に移す。日本は中国と第三国市場やイノベーションなどの協力を強化し、より活発な貿易関係と人々の交流によって両国の関係と人の絆を強める。日中は現在の世界の重要な挑戦に対し、重要な責任を負っており、手を携えて世界の平和と繁栄のため建設的役割を果たしたい。

    王毅(おう・き)氏、何立峰(か・りつほう)氏が出席した。

推荐给朋友
  印刷 全文印刷