ホームページ 大使館案内 中日関係 経済協力 科学技術協力 文化交流 領事業務 教育と留学生交流 中国紹介 メディア案内 中国出入国関連情報 日本見聞
李克強総理,安倍首相と中日平和友好条約締結40周年記念レセプションに出席
2018/10/26

    中国の李克強(り・こくきょう)国務院総理は25日午後、北京の人民大会堂で中国公式訪問中の日本の安倍晋三首相と中日平和友好条約締結40周年記念レセプションに出席し、あいさつした。

    李克強総理は次のように述べた。40年前、両国の先輩指導者は高所大所に立ち、時勢を見極め、中日平和友好条約締結の戦略的決断を行い、国交正常化に続き、両国関係発展のためのまた一つの重要な里程標を打ち立てた。条約は法律の形で中日の平和共存、子々孫々友好の大方向を確立し、日本側の戦争責任の深い反省と一つの中国の原則堅持の重要な態度表明を含め、「中日共同声明」の諸原則を確認し、中日両国は末永く平和友好関係を発展させると明確に規定した。平和友好条約を含め中日の四つの政治文書は中日関係の政治的、法的基礎を固め、両国関係の健全な発展を図るうえで、しっかりつかむべき基本的指針となり、よりどころとなった。

    李克強総理は次のように指摘した。この40年間、中日関係は風雨の試練を経験したが、平和、友好、協力が常に主流だった。条約締結40周年に際し、われわれは平和、友好、協力の大方向を堅持し、時代の潮流に積極的に従い、より成熟し、安定した、実務的で進取の中日関係を共に築かなければならない。

    李克強総理は次のように述べた。今年はちょうど中国改革・開放40周年で、この40年間、中国は世界が注目する発展の成果を収め、中国を深く変えただけでなく、世界に深い影響を与えた。今後もわれわれは少しも揺るぐことなく改革・開放を堅持する。われわれは現在、改革を全面的に深め、新旧の成長エネルギーの転換を加速し、質の高い発展の実現を図っている。われわれは対外開放を一段と拡大しており、その度合はますます大きくなり、レベルがますます高まるだろう。これは中日双方のより高いレベルの協力に広い余地をもたらし、より一層大きなチャンスをもたらすものである。われわれは日本が中国の新たな改革・開放プロセスにより一層積極的に参加し、引き続き協力ウィンウィンの新たな一章を記すことを歓迎する。

    李克強総理は次のように強調した。現在、地域・国際情勢が深く複雑に変化しており、正しい軌道に戻り、前向きに発展する勢いの見られる中日関係には協力の巨大な潜在力と発展のチャンスがあり、また困難と挑戦(試練)にも直面している。双方は共に努力し、両国関係をどこまでも安定して発展させなければならない。

    1、政治面の相互信頼の増進に努力する。双方は正しい相互認知と戦略的位置づけをしっかり固め、中日が互いに協力パートナーとなり、互いに脅威とならない政治的共通認識を実際の行動の中で一段と十分に体現しなければならない。中日の四つの政治文書で定められた諸原則を踏まえ、歴史を鑑とし、未来志向の精神に従い、矛盾・意見の相違を建設的にコントロールし、両国関係の安定した健全な発展のため、より良い条件と環境を築く。

    2、実務協力を着実に推進する。相互補完の優位性を十分生かし、協力の潜在力を一層喚起し、ウィンウィンの余地を絶えず開き、革新(イノベーション)協力を深め、第三国市場を共同で開拓し、双方の協力の質とレベルを高める。日本が「一帯一路」建設に積極的に参加し、中日の互恵協力をより広い舞台に進めることを歓迎する。

    3、民間交流を強化し、深める。文化、教育、スポーツ、地方など各分野の交流を幅広く進め、民間の友好を中日関係発展の社会的基礎に変える。両国民、特に青少年世代の交流を拡大し、両国友好に対する民意の支えを固める。

    4、手を携えてアジアと世界の発展に貢献する。中日はアジアの重要な国であり、世界の主要な経済国である。共に地域の平和を守り、地域の発展と繁栄を促進しなければならない。多国間主義と自由貿易を守り、アジアひいては世界の発展の安定軸、成長極、動力源となるよう努力する。

    李克強総理は次のように述べた。われわれは日本と共に中日の平和、友好、協力の初心を銘記し、前人の事業を受け継ぎ、未来を開き、中日関係の素晴らしい未来を共に切り開くことを願っている。

    安倍首相は次のように述べた。日中平和友好条約は両国関係の重要な原則を規定し、日中関係の発展を導いた。改革・開放以来、中国は世界が驚嘆する極めて大きな発展を収め、日本も中国と一緒に前進した。日中両国はアジアおよび世界の経済発展に対して他が替わることのできない役割があり、双方が共に努力し、日中の友好協力を持続的に発展させ、世界の平和と繁栄の促進に貢献することを希望する。

    両国各界の約800人の代表がレセプションに出席した。李克強総理と安倍首相は当時条約の締結に関わった双方の関係者および家族と記念写真を撮り、また中日経済・貿易協力成果写真展を見学した。

    王毅(おう・き)国務委員兼外交部長が出席した。

推荐给朋友
  印刷 全文印刷