ホームページ 大使館案内 中日関係 経済協力 科学技術協力 文化交流 領事業務 教育と留学生交流 中国紹介 メディア案内 中国出入国関連情報 日本見聞
習近平氏,金正恩朝鮮労働党委員長と会見
2018/06/21
 

    中国の習近平共産党総書記・国家主席は20日、北京の釣魚台国賓館で朝鮮の金正恩労働党委員長・国務委員会委員長と会見した。

    旧暦5月の釣魚台は草木が茂り、夏の花が美しく咲いている。両党・両国の最高指導者は親しく友好的雰囲気の中でお茶を楽しみ、深く話し合った。

    習氏は次のように強調した。金正恩委員長はこの100日のうちに3度訪中し、私と会談し、中朝ハイレベル交流の新たな歴史を共に開いた。われわれは、中朝双方の重要な共通認識が徐々に実行され、中朝の友好協力関係が新たな生気と活力が喚起され、朝鮮半島の対話と緩和の動きが力強く固められ、朝鮮労働党の新たな戦略路線が朝鮮の社会主義事業を新たな征途へと促していることを喜んでいる。私は、中朝双方の共同の努力で、中朝関係が必ず両国と両国人民により一層幸福をもたらすと信じている。中朝と関係各国の共同の努力の下、朝鮮半島と北東アジア地域は必ず平和、安定、発展、繁栄の素晴らしい前途を迎えるだろう。

    習氏は次のように指摘した。現在、中国の特色ある社会主義は新時代に入り、中国共産党と中国の各民族人民は党中央の周りに固く団結し、「二つの百年」の奮闘目標〈中国共産党創立100年までの小康社会完成と新中国成立100年までの近代的社会主義強国実現〉と中華民族の偉大な復興という中国の夢を実現するため奮闘努力している。中国は朝鮮と互いに学び合い、参考にし合い、団結、協力し、両国の社会主義事業のより素晴らしい未来を共に築くことを願っている。

    金氏は次のように述べた。現在、朝中は一家の家族のように親密で友好的で、互いに助け合い、習近平共産党総書記同志はわれわれを感動させるほど親しく思いやり、支持している。今回の中国訪問は私と総書記同志の友情を一段と深め、朝中関係を発展させる有利な契機となった。私は中国の同志と共に、全力を尽くして朝中関係を新たな高みに押し上げ、また世界と地域の平和と安定を守るため、しかるべき役割を果たす。習近平同志を核心とする中国共産党中央の堅固な指導と習近平の新時代の中国の特色ある社会主義思想の導きの下、中華民族の偉大な復興という中国の夢が必ず順調に実現すると信じている。

    会見に習総書記の彭麗媛夫人、金委員長の李雪主夫人が同席した。

    会見後、習総書記夫妻は金委員長夫妻のために午餐会を開いた。

    同日、金氏は中国農業科学院国家農業科学技術革新園と北京市軌道交通指揮センターを参観した。蔡奇・党中央政治局委員・北京党委書記が同行した。

    金氏は同日、訪中を終えて北京を離れ帰国する。

推荐给朋友
  印刷 全文印刷