ホームページ 大使館案内 中日関係 経済協力 科学技術協力 文化交流 領事業務 教育と留学生交流 中国紹介 メディア案内 中国出入国関連情報 日本見聞
王毅部長「日本は理性的に中国を見て,受け入れるべき」
2017/03/08

第12期全国人民代表大会第5回会議の梅地亜中心(メディアセンター)における記者会見が8日午前に行われ、この席で王毅外交部長(外相)が「中国の外交政策と対外関係」について、国内外の報道記者からの質問に答えた。

中日関係の発展に関する問題について記者から受けた質問に対し、王部長は、「今年は中日国交正常化45周年にあたる年となるが、同時に『盧溝橋事変(盧溝橋事件)』の80周年の年でもある。このふたつの記念日は、一つは平和と友好、一つは戦争と対抗という全く異なる二つの道を代表している。80年前、日本は中国に対し全面的な侵略をおこない、中国及びアジア諸国の人々に深刻な災いをもたらし、最終的に日本自身もまた敗戦の憂き目にあった。そして45年前、日本の指導者は歴史を反省し、近隣諸国との関係を改善し、自身の急速な発展を実現した。数十年後の今日、われわれは日本国内には依然としてこの二つの道の間で揺れ動き、さらには歴史を逆転させようとすら試みる人々がいることを見てとれる。我々は平和を愛する日本の人々が、この重要な年にあたり、しっかりと日本の向かっていく方向の舵取りをしてほしいと願っている」とした。

そして「中日関係において、中国の立場は一貫しており、非常に明確だ。日本との関係改善と両国の人々に幸福をもたらすことを当然ながら望んでいる。しかしながら、そのためには日本がまず自らの『心の病』を治し、中国が絶えず発展と振興を成し遂げているという事実を理性的に受け入れなければならないだろう」とした。

推荐给朋友
  印刷 全文印刷