ホームページ 大使館案内 中日関係 経済協力 科学技術協力 文化交流 領事業務 教育と留学生交流 中国紹介 メディア案内 中国出入国関連情報 日本見聞
王毅外交部長,ボンで独外相と会談 世界貿易・投資の自由化強調
2017/02/20
 

20カ国・地域グループ(G20)非公式外相会合出席のためドイツを訪れている中国の王毅・外交部長は16日、ボンでガブリエル独副首相兼外相と会談した。

王氏はガブリエル氏の外相就任に祝意を表するとともに次のように述べた。中独両国はハイレベル交流を頻繁に行い、重大な国際・地域問題で緊密な協調を続け、政治面の相互信頼と実務協力が新たなレベルに達している。今年は中独国交樹立45周年で、経験を受け継ぎ未来を開く重要な年である。双方がこれを契機とし、45年間の両国関係発展の成功経験を真剣に総括し、将来の発展の青写真を一層描き、全方位の戦略パートナーとして共に世界の平和、安定、繁栄を守ることを希望する。中国はドイツとのハイレベル交流を続け、戦略的意思疎通を強め、各種対話・交流メカニズムが成果を収めるよう促すことを願っている。欧州連合(EU)が「中国世界貿易機関(WTO)加盟議定書」第15条の約束を早期に履行する問題でドイツが引き続き積極的役割を果たすことを希望する。

王氏は次のように述べた。今年はドイツがG20の議長国を務める。中独はG20の重要メンバーとして、昨年の杭州サミットの成果を踏まえ、G20のマクロ政策協調を強め、グローバル化リバランスを共に推進し、世界の貿易・投資の自由化、円滑化を推進し、世界経済の成長を図るため、より大きく貢献しなければならない。中国はドイツを全力で支持し、協力してハンブルクサミットを成功させる用意がある。

ガブリエル氏は次のように述べた。独中両国は関係が良好に発展し、両国指導者が緊密に交流している。今年は両国関係にとって重要な1年である。ドイツは中国とのハイレベル交流を続け、意思疎通を強め、協力を深めることを願っている。中国は世界経済発展の重要な推進力である。ドイツは習近平主席の今年のダボス会議での重要講演を高く称賛している。両国はオープンな世界貿易を維持する共通の任務に直面している。ドイツは開放・ウィンウィンの精神で経済・貿易協力を深め、協力における問題を建設的に解決することを願っている。ドイツは引き続きEU中国投資協定交渉を加速し、対中投資拡大を支持する用意があり、中国の対独投資を歓迎する。ドイツは、EUと中国を結ぶ貨物列車運行などの協力事業は独中、EU中国の関係が緊密なことを具体的に示すものであると考える。中国と共に「一帯一路」(シルクロード経済ベルトと21世紀海上シルクロード)イニシアチブを積極的に推進することを願っている。

双方は朝鮮半島情勢やアフガニスタン問題などについても意見を交換した。

推荐给朋友
  印刷 全文印刷