ホームページ 大使館案内 中日関係 経済協力 科学技術協力 文化交流 領事業務 教育と留学生交流 中国紹介 メディア案内 中国出入国関連情報 日本見聞
中国ASEANの友好協力に影響させるべきでない 南海問題で王毅外交部長
2016/06/17
 

    中国の王毅・外交部長は14日、昆明で中国・東南アジア諸国連合(ASEAN)各国外相特別会議に出席した後の記者会見で次のように述べた。中国とASEAN各国の外相は相互理解増進の精神で、南海問題について深く討議し、南海の平和・安定を共に守り、地域の安全と繁栄を図らなければならないと強調した。南海問題を適切に処理し、問題が中国とASEANの友好協力の大局に影響を与えないようにすべきであるとあらためて表明した。「南海各国行動宣言」を全面的、有効に完全に実行に移し、「南海行動規範」協議を積極的に推進し、協議一致を踏まえ「規範」の早期合意を図ることを確認した。「宣言」の第4条は直接関係する主権国が友好的協議と交渉を通じ、係争を平和的に解決することを規定している。

    王部長は次のように強調した。ベトナム・ハロン湾でこのほど開かれた中国ASEAN各国「宣言」実行高官会合での新たな進展を十分評価している。新たな進展として、各国が作業を急ぎ、中国とASEANが「宣言」の全面的かつ有効な実行に関する共同声明を発表するための基礎を固めることを目指すことや「規範」協議早期収穫(アーリーハーベスト)の成果を早期に実行に移すこと、さらに「中国ASEAN各国海上緊急事態対応外交高官ホットライン・プラットホーム」の指導方針(ガイドライン)策定を急ぐことなどがある。

推荐给朋友
  印刷 全文印刷