ホームページ 大使館案内 中日関係 経済協力 科学技術協力 文化交流 領事業務 教育と留学生交流 中国紹介 メディア案内 中国出入国関連情報 日本見聞
発展戦略の連動と協力のウィンウィン実現 王毅外交部長,次の段階の中国アフリカを語る
2015/01/19

    アフリカ5カ国歴訪を終えたばかりの中国の王毅・外交部長は16日、コンゴ民主共和国の首都キンシャサでメディアの取材に応じ、次の段階における中国アフリカ協力の道筋と方向性について見解を明らかにした。

    王外交部長は次のように述べた。アフリカは発展途上国が最も集中している大陸で、中国外交の最も重要な基盤でもある。そのため中国は毎年、最初の外遊先としてアフリカ諸国を訪問するという良き伝統を守り、政治・経済・安全保障分野におけるアフリカとの互恵の協力を強化している。今回のアフリカ歴訪は三つのキーワードに概括することができる。

    第一のキーワードは連動である。今回訪問したアフリカ国家はすべてそれぞれの中長期発展戦略を策定している。かれらの目標は非常に明確で、すでに手に入れた政治的独立を強化すると同時に、経済面における真の独立を追求することがそれだ。中国は二つの百年という目標(中国共産党創立100周年までに小康社会を完成させることおよび新中国成立100周年までに近代化をほぼ実現すること)を達成する事業の推進を加速し、民族の復興という中国の夢を実現しているところで、我々とアフリカ諸国の発展についての大方向は一致しており、相互連動と相互促進を実現することは完全に可能だ。中国アフリカ協力は途上国間協力の重要な一部で、発展途上国全体の実力を増強し、世界における力のバランスをより良いもの、より合理的なものにすることができる。

    第二のキーワードは移転である。アフリカ諸国の発展戦略のほとんどは経済の多様化を進め、工業化を実現するためのものだ。中国は経済のパターン転換と高度化を深めているところで、多くの良質な余剰生産能力と先進的な装備と技術の海外移転を必要としている。これらの生産能力と装備技術は完全にアフリカの要請にかなっており、アフリカは中国の生産能力と装備技術の重要な受入先の一つになることができる。生産能力や装備技術を移転する過程では、我々は習近平主席が提起した正しい義利観を着実に貫き、義と利の両方を重視し、協力によるウィンウィンを求めていかなければならない。中国とアフリカの友好という伝統を速やかに双方の共同発展を促すための動力に転化し、アフリカの人的資源と天然資源の潜在力を速やかに経済の飛躍と成長を促す実力に転化して、中国とアフリカの協力が絶えずアフリカ各国人民に恩恵をもたらすようにしなければならない。

    第三のキーワードはバージョンアップである。中国アフリカ協力の新しい方式と道筋は中国アフリカ協力のバージョンアップを促す重要なチャンスをもたらしている。双方の努力により、中国とアフリカの通常の貿易往来、特に一次製品売買が徐々に生産能力協力や技術移転にバージョンアップすることを我々は期待している。伝統的な工事請負中心の協力方式が投資・金融協力にバージョンアップすることも期待している。

    王外交部長は「中国側のこれらの道筋や見解はアフリカ諸国から歓迎・認知されており、中国とアフリカの互恵協力の新しい内容を充実させ、中国とアフリカの新しい戦略的関係の新たな発展を促すことに役立つ。今年は第6回中国アフリカ協力フォーラム閣僚会議が南アフリカで開催されることになっており、我々はこの会議においてアフリカ諸国と共にこの問題について突っ込んだ討議を進めていく」と表明した。

推荐给朋友
  印刷 全文印刷