ホームページ 大使館案内 中日関係 経済協力 科学技術協力 文化交流 領事業務 教育と留学生交流 中国紹介 メディア案内 中国出入国関連情報 日本見聞
スモッグは重大な民生問題 李克強総理
2014/03/13

   中国の李克強総理は13日、第12期全国人民代表大会(全人代)第2回会議閉幕後の記者会見で、スモッグは重大な民生問題であるとし、環境汚染に対し宣戦布告したと強調した。スモッグに関する質問に答えたもので、次のように述べた。

   スモッグなど環境汚染に対し宣戦布告するというのは社会が関心を寄せる焦点の問題だからだ。多くの人が朝起きると携帯電話でPM2・5の数値を調べており、これはすでに重大な民生問題だ。

   スモックなど環境汚染に宣戦布告するというのは、お天道様に対してではなく、われわれ自身の粗放な生産、生活様式に対してである。昨年、国務院は大気汚染対策の10カ条を打ち出し、161の都市でPM2・5の観測を実施した。これは発展途上国の中で最も多い。これはまた人民大衆に自らを守る意識を高めさせるだけでなく、政府の責任を増すものでもある。今年は主体的にエネルギー消費を圧縮し、減らし、エネルギー消費密度を3・9%下げることを決めた。昨年の実績は3・7%の低下で、これは石炭消費量の2億2000万トン削減を意味している。

   スモッグを含む汚染に対し宣戦布告したからには、汚染対策を強化し、規制を厳しくし、汚染物質の違法な排出や自然と人を害する行為に対し、政府は決して手を緩めず、断固として処罰しなければならない。見ても対策をとらず、監督管理が十分でない監督者については厳しく責任を追及しなければならない。

   無論、スモッグの原因は複雑で、対策には長期的プロセスが必要だ。雨風を待っていることはできず、進んで戦いを挑む必要がある。社会、政府、企業、社会構成員がみな努力し、奮闘を続け、この難しい戦いに挑むことを希望する。

推荐给朋友
  印刷 全文印刷