ホームページ 大使館案内 中日関係 経済協力 科学技術協力 文化交流 領事業務 教育と留学生交流 中国紹介 メディア案内 中国出入国関連情報 日本見聞
両岸関係の新たな進展,一歩前進を期待 李克強総理
2014/03/13

   李克強総理は13日北京で、新しい年に〈台湾海峡〉両岸の関係で新たな進展がみられ、さらに一歩進むよう期待していると述べた。

   李総理は第12期全国人民代表大会(全人代)第2回会議の閉幕後内外記者会見を行って質問に答えた際、新しい年の両岸関係にどのようなことを期待しているかとの質問にこう表明したもの。

   李総理は次のように述べた。両岸は兄弟同胞、一つの家族だ。この言葉は常に語られ、常に新しいと言える。あなたはさき程両岸関係進展のいくつかの事実を挙げたが、わたくしも大変興味深いことを話したいと思う。昨年、両岸のメディアが「進」を「今年の漢字」に選んだ。この文字は両岸関係の平和的発展の趨勢を反映し、両岸の民衆の期待をも反映していると言える。わたくしも新しい年に両岸関係で新たな進展がみられ、さらに一歩進むよう期待している。

   李総理は次のように述べた。両岸関係の重要な内容は人の往来と経済・貿易分野の協力だと私は考える。昨年、両岸の人の往来は800万人を突破し、過去最高を記録したが、このようなよい勢いが引き続き維持されるよう希望する。両岸はまた、ECFAの後続取り決めについて話し合いを進めており、早く成果が出て、両岸の民衆と関係企業に幸せがもたらされるよう希望する。

   「この機会を借りて、台湾同胞に新しい年の祝福を伝えて下さるようお願いしたい」、李総理はこう述べた。

推荐给朋友
  印刷 全文印刷