ホームページ 大使館案内 中日関係 経済協力 科学技術協力 文化交流 領事業務 教育と留学生交流 中国紹介 メディア案内 中国出入国関連情報 日本見聞
梁振英香港,崔世安マカオ各行政長官と会見 習近平国家主席
2013/03/18
 

   (中国通信=東京)北京18日発新華社電によると、中国の習近平国家主席は今回の第12期全国人民代表大会(全人代)第1回会議の閉幕式に出席した香港特別行政区の梁振英行政長官、マカオ特別行政区の崔世安行政長官と同日午前、北京の中南海で会見した。

   習主席は次のように強調した。香港、マカオと祖国本土の命運は常に固く結びついている。中華民族の偉大な復興という中国の夢を実現するには、香港、マカオと祖国本土が優位性による相互補完を堅持し、共に発展する必要があり、香港・マカオ同胞と本土人民が互いに助け合い、手を携えて共に進むことが必要だ。

   習主席は両行政長官と香港、マカオ特区政府の活動を十分評価し、次のように述べた。梁振英長官が提起した「安定させつつ変革を求める」施政理念は広範な香港市民から認められている。現在のカギはしっかり実行に移すことにある。これは行政長官と特区政府の責任であり、香港社会各界の努力にかかっている。みなが力を合わせれば成果をあげることができる。香港社会各界が緊密に団結し、行政長官と特区政府の法に基づく施政を支持し、香港のより素晴らしい未来を共に開くことを希望している。

   習主席は次のように指摘した。現在、マカオは歴史的に比較的良い時期にある。しかし今後の発展についてはいくつか挑戦(試練)に直面している。マカオ特区政府と社会各界が憂患意識を強め、有利な時機と条件を生かし、発展を制約している際立った問題を研究、解決し、マカオの長期的発展のための基礎を固めることを希望する。

   張徳江、李源潮、楊潔チ(竹かんむり+褫のつくり)各氏が会見に同席した。

(北京2013年3月18日発新華社)

推荐给朋友
  印刷 全文印刷